スパーキーとスパイク チャールズ・シュルツとせかいいちゆうめいなイヌのおはなし 児童図書館・絵本の部屋

バーバラ・ロウエル

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784566080713
ISBN 10 : 4566080714
フォーマット
出版社
発行年月
2021年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
40p;29

内容詳細

スパイクは、しろじにくろいブチがあるイヌ。どんなイヌよりやんちゃでかしこい。50いじょうのことばをしっていて、じかんをせいかくにしらせることだってできる。「スヌーピー」で有名な『ピーナッツ』の作者チャールズ・シュルツ。これは、子ども時代、絵を描くのが大好きで、人気まんがのキャラクターにちなんで「スパーキー」と呼ばれるシュルツ少年と、その愛犬で、スヌーピーのモデルになった「スパイク」のお話です。まんが家を夢見るスパーキーは、愛犬・スパイクの絵を描いて新聞に投稿しますが…。巻末には、本書の絵を手がけたダン・アンドレイアセンが、ファンレターの返事として受け取ったシュルツからの手紙を掲載。自分と同じように絵を描くのが大好きな少年にあてた、真摯な言葉と直筆のサイン、そしてもちろんそこには世界中で愛されている人気者・スヌーピーもいます。

【著者紹介】
バーバラ・ロウエル : アメリカの作家。オクラホマ州在住。子どもむけの伝記絵本や歴史絵本をてがける

ダン・アンドレイアセン : アメリカのイラストレーター、絵本作家。オハイオ州在住。50冊以上の絵本をてがける

ひさやまたいち : 翻訳家。英米の絵本や物語の翻訳を手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ヒラP@ehon.gohon さん

    絵の背景にスクリーントーンが使われていたり、コマ割の素画が盛り込まれていたり、漫画に寄せる夢がいっぱいの絵本ですが、まさかスヌーピーだとは思いませんでした。 カバーを見たら、ちゃんと書いてありましたね。 こんな感じでスヌーピーは誕生したのでしょうか。 チャールズ・シュルツの物語、漫画スヌーピーとの距離感が面白かったです。

  • ツキノ さん

    2021年7月発行。シュルツ氏の飼い犬スパイクに焦点を当てた伝記絵本。イラストレーターのダン・アンドレイアセンに充てた手紙(1975年7月7日付)が掲載されている。絵に独特の線があり、木でできた人形のように見えてしまう。(E308)

  • 遠い日 さん

    スヌーピーの生みの親、チャールズ・M・シュルツの子ども時代を紹介するお話。絵を描くのが好きで、6歳にはすでに自分は漫画家になると決めていたシュルツ氏の、飽くなき探究心と一途な鍛錬。キャラクターを作り上げるために努力を惜しまない姿には、それ自体がもう才能であると言わざるを得ません。

  • 刹那 さん

    世界一有名な犬ってどう言う事かと思ったら、スヌーピーのもとになった犬でした!私もスヌーピー好きです🐾

  • timeturner さん

    昔懐かしいアメリカ漫画みたいな絵だと思ったら、スヌーピーの作者シュルツの子供時代を描いた絵本だった。漫画家志望のスパーキー少年とスヌーピーのモデルになった愛犬スパイクの姿が生き生きと描かれている。この本の絵を描いたダン・アンドレイアセンが子供の頃にシュルツからもらった励ましの手紙が最後に載っていて驚いた。こうしてつながっていくんだね。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バーバラ・ロウエル

アメリカの作家。オクラホマ州在住。子どもむけの伝記絵本や歴史絵本をてがける

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品