Blu-ray Disc 輸入盤

バレエ『タチヤナ』 ノイマイヤー振付、アウエルバッハ音楽、ハンブルク・バレエ(2014)

バレエ&ダンス

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
737504
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
画面サイズ
:
ワイドスクリーン
:
カラー
フォーマット
:
Blu-ray Disc
その他
:
輸入盤

商品説明

ノイマイヤーとアウエルバッハが贈る
21世紀版『エフゲニ・オネーギン』


ジョン・ノイマイヤーとハンブルク・バレエ団による、レーラ・アウエルバッハのバレエ第2弾が登場。今回はアウエルバッハの偉大な先達プーシキンの『タチヤナ』。
 原作はチャイコフスキーのオペラで知られる『エフゲニ・オネーギン』。このバレエではオネーギンでなく、ヒロインのタチヤナの視点から描いています。ドストエフスキーなども、この小説の真の主人公はオネーギンではなくタチヤナだと述べていますが、ノイマイヤーとアウエルバッハも同意見でした。『エフゲニ・オネーギン』のバレエはノイマイヤーの師ジョン・クランコが1965年に制作したものが知られていますが、その影響を全く受けず、むしろアンドレア・ブレートが演出したチャイコフスキーのオペラでの1980年代風解釈を参考にしたとのこと。タチヤナはロシアの片田舎に住む多感な少女。ノイマイヤーは、この話で起こるすべての出来事が彼女の妄想に端を発するとしています。そのためチャイコフスキーもクランコも扱わなかったタチヤナの夢の場を中心に据え、熊をフロイト心理学の象徴のように登場させ、意外な結末となります。音楽の雄弁さも特筆で、原作はロシア人アウエルバッハにとって諳んじているうえ、自身の文才と妄想力で21世紀のプーシキンを再創造しています。
 予想外なのがレヴァゾフ演じるオネーギン。ノイマイヤーはロシア・アヴァンギャルドの有名な画家ロトチェンコをモデルにしたとのことで、19世紀ロシアの虚無的な貴族の若者がスキンヘッド、裸にジャケットをはおったパンク風ファッションで登場します。
 特典映像は、ノイマイヤー、ブシェ、レヴァゾフが作品観や意図について語る興味深いもの。日本語字幕付きです。(輸入元情報)

【収録情報】
● バレエ『タチヤナ』


 原作:アレクサンドル・プーシキン
 振付、舞台美術、衣裳、照明:ジョン・ノイマイヤー
 音楽:レーラ・アウエルバッハ
 出演:
 エレーヌ・ブシェ(タチヤナ)
 エドヴィン・レヴァゾフ(オネーギン)
 レスリー・ヘイルマン(オリガ)
 アレクサンドル・トゥルシュ(レンスキー)
 カーステン・ユング(N公爵)
 ハンブルク・バレエ団
 演奏:サイモン・ヒューウェット指揮、ハンブルク国立フィル

 収録時期:2014年
 収録場所:ハンブルク国立歌劇場(ライヴ)

 収録時間:本編135分、特典34分
 画面:カラー、16:9、HD
 音声:PCMステレオ、DTS-HD MA 5.1
 字幕(特典):日英独仏
 Region All

 ブルーレイディスク対応機器で再生できます。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

おすすめの商品