CD

管弦楽のための協奏曲、ピアノ協奏曲第2番 オーマンディ&フィラデルフィア管、ワイセンベルク(1979、69)

バルトーク (1881-1945)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SICC1868
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

バルトーク:管弦楽のための協奏曲(1979年録音)、ピアノ協奏曲第2番
オーマンディ&フィラデルフィア管弦楽団、ワイセンベルク

期間生産限定盤

黄金時代のフィラデルフィア管弦楽団の名技が光る1枚。
ハンガリー出身の巨匠、ユージン・オーマンディが同郷の作曲家バルトークの作品を取り上げた名盤。『管弦楽のための協奏曲』をオーマンディは3度録音しましたが、これはその3度目にして最後の、RCAへのデジタル録音。この指揮者が半世紀にわたって音楽監督を務め、手塩にかけて育てたフィラデルフィア管弦楽団の名技が光る1枚となっています。ピアノ協奏曲第2番は、アレクシス・ワイセンベルクの骨太のピアノが聴きもの。(SONY)

【収録情報】
バルトーク:
● 管弦楽のための協奏曲 Sz.116

 録音時期:1979年4月16日
 録音場所:フィラデルフィア、スコティッシュ・ライト・カテドラル
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

● ピアノ協奏曲第2番 Sz.95

 アレクシス・ワイセンベルク(ピアノ)
 録音時期:1969年11月10,12日
 録音場所:フィラデルフィア、タウン・ホール
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)

 フィラデルフィア管弦楽団
 ユージン・オーマンディ(指揮)

 原盤:RCA

【ソニー・クラシカル名盤コレクション1000】
これが全世界を100年間感動させてきたクラシックの名盤だ! ラフマニノフから五嶋みどりまで、2大クラシック・レーベル、ソニー・クラシカルとRCA RED SEALを中心にソニー・ミュージックが所有する多彩なクラシックの名盤・銘盤・超盤・定盤・迷盤・奇盤・珍盤・お宝盤を、新規ライナーノーツ、一部世界・日本初CD化も含む驚愕の価格1,000円+税(2枚組は¥1,500+税)で100タイトルを2ヶ月にわたってリリース。(SONY)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
オケコンが大変な名演奏・名録音です。 日...

投稿日:2020/01/24 (金)

オケコンが大変な名演奏・名録音です。 日本では、一部評論家のお陰で「キワモノ」扱いされてきた気の毒なオーマンディですが、オケを自在に動かしている様子が本当によく分かります。 デジタル最初期にもかかわず、切れ味と立ち上がりの良さが特筆される名録音は、40年前のものと思われない素晴らしさで、私はLPを購入した際に驚きました。 購入して損は絶対にないCDだと思います。

古き良き時代 さん | 大阪府 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バルトーク (1881-1945)

【新編名曲名盤300】 管弦楽のための協奏曲 | 弦楽器、打楽器とチェレスタのための音楽 | 弦楽四重奏曲(全曲)

プロフィール詳細へ

バルトーク (1881-1945)に関連するトピックス

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品