CD 輸入盤

『管弦楽のための協奏曲』、『弦楽器、打楽器とチェレスタのための音楽』 オールソップ&ボルティモア交響楽団

バルトーク (1881-1945)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
8572486
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

バルトーク:オケコン&弦チェレ
オールソップ&ボルティモア響


1956年ニューヨーク生まれのマリン・オールソップは、シモーネ・ヤングと並び、現在、高い人気を誇る女性指揮者。
 今回登場するバルトーク「管弦楽のための協奏曲」と「弦楽、打楽器とチェレスタのための音楽」は、2007年の音楽監督就任以来、良好な関係が継続中のボルティモア交響楽団の高度な実力を如実に示すもので、豊富な音情報とリアルな色彩、ずっしりとした低音の手ごたえは、入念なセッション録音ならではの素晴らしさです。
 すでに古典となった感のあるこれら2作品では、やはり多くの種類の楽器の音を良い質感で楽しむことのできる演奏の存在意義も大きいと思われますが、オールソップのつくりだす響きのバランス配分は、そうした作品理解に最適なもので、落ち着いて作品のディテールを味わえるクオリティの高さを十分に備えています。
 オールソップはこれまで、イギリスのボーンマス交響楽団とバルトークの録音をおこなっており、評判も上々でしたが、アメリカのメジャー・オケであるボルティモア交響楽団との演奏は、オケの違いやホールの違い、録音スタッフの違いもあってか、サウンド面での魅力でそれらを上回る高い水準に到達しているのがポイントです。
 オケコン第1楽章での重みのあるティンパニの良い音、第2楽章中間部での金管コラール風「君が代」パロディ(?)の柔らかで美しい響き、第4楽章「メリー・ウィドウ」パロディでの下品になり過ぎない音、第5楽章フーガ部分でのバランスの良い音など、沈着冷静なオールソップの統率により、オーケストラが実に良い音を出しているのが印象的なバルトーク・アルバムの登場です。(HMV)

【収録情報】
バルトーク:
・管弦楽のための協奏曲 BB 123 [37:57]
・弦楽、打楽器とチェレスタのための音楽 BB 114 [29:29]
 ボルティモア交響楽団
 マリン・オールソップ(指揮)

 録音時期:2009年10月(オケコン)、2010年6月(弦チェレ)
 録音場所:ボルティモア、ジョセフ・メイヤーホフ・シンフォニー・ホール
 録音方式:デジタル(セッション)
 プロデューサー:スティーヴン・エプスタイン
 エンジニア:リチャード・キング

内容詳細

オールソップは力むことなく、さまざまな楽器のアンサンブルやソロを丁寧に描いていく。ボルティモア響のレベルの高さに感心。まさに「管弦楽のための協奏曲」というべき明晰さである。「弦チェレ」はしなやかで洗練された演奏。オールソップ&ボルティモア響の好調ぶりを示す一枚だ。(治)(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
オールソップはバルトークを得意としている...

投稿日:2018/02/02 (金)

オールソップはバルトークを得意としているのですね。個人的にはブーレーズ盤やカラヤン盤を凌駕するほどの優良な演奏と感じます。

テリーヌ さん | Hyogo | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バルトーク (1881-1945)

【新編名曲名盤300】 管弦楽のための協奏曲 | 弦楽器、打楽器とチェレスタのための音楽 | 弦楽四重奏曲(全曲)

プロフィール詳細へ

バルトーク (1881-1945)に関連するトピックス

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品