CD

Musikalisches Opfer: Paillard / Paillard Co (1974)

バッハ(1685-1750)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
COCO85002
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

内容詳細

パイヤールの第1回録音。第1曲目のリチェルカーレの最上声部をフルートとvn.に分担させるなどの独自な試みがなされているが、作品本来の厳粛な気分は全くそこなわれていない。ラリューの音色が美しいトリオ・ソナタが絶品で、また最後の六声のリチェルカーレも深遠かつ幽玄な世界が広がる。バッハ愛好者必聴の名盤。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
パイヤールのバッハは素晴らしい。 私は楽...

投稿日:2013/07/24 (水)

パイヤールのバッハは素晴らしい。 私は楽器編成がどうとか細かいことはわからない。また、古楽器の演奏は、原版には忠実で当時の音を再現しているのかもしれないが、楽しさに欠けると思うことがある。音楽の捧げものでいうと、巷間評判の高いクイケン盤などはあまりいとは思わない。 リヒター版は謹厳実直で速いテンポでぐんぐん進めていく。それでいてトリオソナタの深い味わいは魅力的。マタイなどでは圧倒的な名演を聞かせてくれるが、相手に緊張を強いるところがある そこに比べると、このパイヤール盤はもう少しくつろいだ気持ちで、音楽に浸らせてくれる。リヒターを聞くときは「聞くぞー」とかまえるところがあるが、パイヤールはそんな必要はない。疲れたときに癒されたい、ちょっと時間があるときにバッハが聞きたい、そんな聞き方ができる。 彼の振ったブランデンブルグ協奏曲と並ぶ私のバッハの愛聴盤の一つである。

シロクン さん | 新潟県 | 不明

6
★
★
★
★
☆
バッハの「音楽の捧げもの」には我々の世代...

投稿日:2012/08/24 (金)

バッハの「音楽の捧げもの」には我々の世代が親しんだ名演盤が多く本盤パイヤールをはじめミュンヒンガー、リヒター、レーデル等最近の古楽器演奏とは異なり現代楽器の良さを最大限に引き出した見事な各演奏があります。個人的にはレーデル演奏盤が何気ない即興的趣味にも満ちていて好きなのですがクラシック音楽演奏には「正解」がある様でなく、ない様でありの世界・・・各人実際に先ず聴く事でしょう。それぞれ聴き処が微妙に違うのですがパイヤールのものはヴァイオリンのジャリ、フルートのラリュー等のソリスト達がフランスを代表するアンサンブルならではの典雅の極めた洗練されたバッハ演奏を聴かせます。パイヤールは二度この「音楽の捧げもの」を収録しており本盤はパイヤール46歳の1974年演奏の方で演奏トータルタイムは47’30であります(他方は後年1986年収録、トータルタイム50’59)。全体的には一パート一楽器対応演奏の為か音色の絡みが精緻に録られ澄み切った音の世界が展開されて行きます。ドイツ系の謹厳実直演奏と比べればパイヤールらしく穏やかな味わいが特徴なのでしょう。その中で、4曲から成る「六声のリチェルカーレ」は弦全員の演奏でこの曲のピークを形作って神々しい効果すら上げているのではないでしょうか。まぁ、とにかくこの「音楽の捧げもの」は楽器の指定なし、主要部だけしか書かれていない楽譜、演奏家自身で完成させねばならないカノンなど、フリードリッヒ大王にまつわる逸話とともに謎に満ちた曲集ですが是非どの演奏盤でも良いので聴かれる事をおすすめします。(タイムについては盤により多少異なる場合があります)

3

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バッハ(1685-1750)

1685年:アイゼナハで誕生。 1700年:リューネブルクに移り、修道院付属学校の給費生として生活。 1703年:ヴァイマルの宮廷楽団に就職。 1707年:ミュールハウゼンの聖ブラジウス教会オルガニストに就任。同年、マリア・バルバラ・バッハと結婚。 1708年:ヴァイマルに移って宮廷オルガニストに就任。 1714年:楽師長

プロフィール詳細へ

バッハ(1685-1750)に関連するトピックス

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品