CD

無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ全集 橋本 洋(2CD)

バッハ(1685-1750)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SONARE1050
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明


伸びやかかつ艶やかな演奏。
実力派ヴァイオリニスト橋本 洋によるバッハの無伴奏全曲録音!


実力派ヴァイオリニスト橋本 洋がJ.S.バッハの無伴奏ヴァイオリン・パルティータ&ソナタ全曲録音をリリースしました。橋本 洋は11才で全日本学生音楽コンクールに満場一致で全国第1位を受賞。東京芸術大学附属高校を経て東京芸術大学卒業。その後、ジュリアード音楽院で名教師として知られるドロシー・ディレイ氏に師事して研鑽を積みました。
 現在国内外で活躍している橋本。2018年、ニューヨークのカーネギー・ホールにおけるヴァイオリン・リサイタルでは「超絶なテクニックとダイナミックな演奏で、観客をあっという間に惹き付けた。柔らかな旋律の奥にも情熱を感じさせる力強い音色」とニューヨークの新聞で絶賛されました。非常に伸びやかかつ艶やかな音色で奏でるバッハはまさに絶品の一言。一音一音端正に紡ぎだされる演奏は、現在の充実ぶりを示した録音と言えましょう!

「ここに聴くバッハ演奏は、音楽を本質的なところから周到な眼差しで見つめ、そこから得るものを虚飾なく、着実に表現できる人のものである。バッハの音楽を表現するに当たっての、彼の技術および基本的な音楽性のありかたは、すこぶる高度なものだと言えよう。」〜濱田滋郎 ライナーノーツより(販売元情報)

【収録情報】
J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ全集

Disc1

● 無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第1番ト短調 BWV.1001
● 無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第1番ロ短調 BWV.1002
● 無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第2番イ短調 BWV.1003

Disc2
● 無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番ニ短調 BWV.1004
● 無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第3番ハ長調 BWV.1005
● 無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第3番ホ長調 BWV.1006

 橋本 洋(ヴァイオリン)

 録音時期:2018年9月、2019年1月、2020年6月
 録音場所:東京、大田区民ホール・アプリコ 小ホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. 無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第1番 ト短調 BWV1001
  • 02. 無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第1番 ロ短調 BWV1002
  • 03. 無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第2番イ短調 BWV1003

ディスク   2

  • 01. 無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番 ニ短調 BWV1004
  • 02. 無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第3番 ハ長調 BWV1005
  • 03. 無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第3番 ホ長調 BWV1006

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バッハ(1685-1750)

1685年:アイゼナハで誕生。 1700年:リューネブルクに移り、修道院付属学校の給費生として生活。 1703年:ヴァイマルの宮廷楽団に就職。 1707年:ミュールハウゼンの聖ブラジウス教会オルガニストに就任。同年、マリア・バルバラ・バッハと結婚。 1708年:ヴァイマルに移って宮廷オルガニストに就任。 1714年:楽師長

プロフィール詳細へ

バッハ(1685-1750)に関連するトピックス

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品