CD 輸入盤

平均律クラヴィーア曲集全曲 ベルダー(4CD)

バッハ(1685-1750)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
BRL93892
組み枚数
:
4
レーベル
:
:
Holland
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ベルダー/バッハ:平均律クラヴィーア曲集全曲

【収録情報】
・J.S.バッハ:平均律クラヴィーア曲集全曲 BWV.846-893
 ピーター=ヤン・ベルダー(チェンバロ)

 収録時期:2008年3月,4月(第1巻)、6月,9月(第2巻)
 収録方式:デジタル

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
4
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
いまさら平均律なんて・・・・と思う方も必...

投稿日:2020/08/03 (月)

いまさら平均律なんて・・・・と思う方も必ず買うべし。 いつまでも鮮度が落ちません。 繰り返し聴くに堪える平均律。 特に第二巻。

ばんどうくじら さん | 福岡県 | 不明

0
★
★
★
★
★
チェンバロによる平均律全曲として、稀に見...

投稿日:2010/11/16 (火)

チェンバロによる平均律全曲として、稀に見るクリーンな演奏です。まずこれほどにチェンバロを美しく奏でられる奏者は、世界でも数人しかいないでしょう。全ての音が濁り無くくっきりと顕れ、しかも常に羽のように軽やかな感触を失いません。演奏は一聴して客観的でストレートなようですが、じっくり聴くと楽想に合わせて細かにテンポを変え、リズムを揺らし、また控えめな装飾を随所にちりばめる様が、何とも言えず味わい深い。Belderが、テレマン、コレッリ、パーセルなど、Bachと同時代の作曲家の驚異的な全集を作り上げてきた成果が、この平均律全曲に確実に反映されていて、それらの数々の音楽がこの演奏の背後に透けて見えます。特に第1巻の典雅さと新鮮さ、正当さは、古今のチェンバロによる平均律の中でもトップに属すると思います。第2巻はさすがに、これに較べると一筋縄では行かず、低音声部の対位法的精密さが充分でないためでしょうか、曲構造がくっきり再現されて来ない瞬間が多々あります。ただそれが十分実現できて感動的なレベルの演奏というと、自分はGould、Leonhardt位しか知りませんし、Belderのこの演奏も充分一級品であることは間違いありません。第1巻の最後のフーガの気品と詩情溢れる演奏はこの盤の白眉です。チェンバロ奏者としてのBelderの、現時点における集大成ではないでしょうか。価格も安く、チェンバロによる平均律全曲としては現在最もお薦めできるものの一つと思います。

mimi さん | 兵庫県 | 不明

5
★
★
★
★
★
第1巻がミートケ、第2巻がリュッカースの...

投稿日:2009/10/20 (火)

第1巻がミートケ、第2巻がリュッカースのコピーです。 この人はアスペレンに師事していることもあってか、ストレートな演奏です。 それと同時に、若さがあふれるフレッシュな演奏で、朝聞くととても気分がいいです。チェンバロの音色もきれいですよ。オススメ!

たかたか さん | 広島県 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バッハ(1685-1750)

1685年:アイゼナハで誕生。 1700年:リューネブルクに移り、修道院付属学校の給費生として生活。 1703年:ヴァイマルの宮廷楽団に就職。 1707年:ミュールハウゼンの聖ブラジウス教会オルガニストに就任。同年、マリア・バルバラ・バッハと結婚。 1708年:ヴァイマルに移って宮廷オルガニストに就任。 1714年:楽師長

プロフィール詳細へ

バッハ(1685-1750)に関連するトピックス

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品