CD

フルートのための作品全集 有田正広、有田千代子、中野哲也、若松夏美、菅きよみ(2CD)

バッハ(1685-1750)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
COCO73342
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

クレスト1000 第12回発売(全30タイトル)
有田正広/バッハ:フルートのための作品全集(2CD)

【収録情報】
J.S.バッハ:
・フルート・ソロ(無伴奏フルートのためのパルティータ)イ短調 BWV.1013
・フルートと通奏低音のためのソナタ ホ短調 BWV.1034
・フルートと通奏低音のためのソナタ ホ長調 BWV.1035
・オブリガート・チェンバロとフルートのためのソナタ ロ短調 BWV.1030
・オブリガート・チェンバロとフルートのためのソナタ ト短調 BWV.1030a
・オブリガート・チェンバロとフルートのためのソナタ イ長調 BWV.1032
・トリオ・ソナタ ト長調 BWV.1038(フルート、ヴァイオリンと通奏低音のための)
・トリオ・ソナタ ト長調 BWV.1039(2本のフルートと通奏低音のための)

 有田正広(フラウト・トラヴェルソ)
 有田千代子/a>(チェンバロ)
 
中野哲也(ヴィオラ・ダ・ガンバ)
 若松夏美(バロック・ヴァイオリン)
 菅きよみ(フラウト・トラヴェルソ)

 録音時期:2000年6月13-15日
 録音場所:横浜みなとみらい小ホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
 「レコード芸術」特選

内容詳細

フルート奏者の有田正広を中心に、日本を代表する古楽奏者たちが集って制作したJ.S.バッハの作品集。モダン楽器でも協奏曲を演奏している有田だが、ここでは“フラウト・トラヴェルソ”を使い、バッハの時代の響きを再現している。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ディスク   1

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
 柔らかく温かなフルート(フラウト・トラ...

投稿日:2019/06/22 (土)

 柔らかく温かなフルート(フラウト・トラヴェルソ)の音色。これを盛り立てつつ包み込むチェンバロの涼やかな音色。ヴァイオリンやヴィオラ・ダ・ガンバも魅力的。  主役であるフルートの特性や材質、ピッチの違いもあるのだろうが、グイグイ耳に攻めこんでくる感がなく、どちらかというと和室でしずかに聴きたくなるような風合いがあり、聴いていると何やらみやびな落ち着きをもたらしてくれるディスクだと思う。       内容はもちろん申し分ないが加筆するなら、このシリーズ全般のジャケットデザインに使われている有本利夫の時間が静止したような美しい絵が音楽の方向を物語るようでとても気に入っている。絵なのだから静止は当然のことだが、氏の絵はおそらく動画であっても動く気配が想像できない。その独特な時代性と環境の中で永遠に留まっているような不思議な一瞬が切り取られているように思える。 私はなんとなくこのジャケットを見たら「こんな演奏なんだろうな」と誘われたように購入した気がする。     蒸し暑いこの季節にはこんな音楽を感じたくなる。推薦。

うーつん さん | 東京都 | 不明

3
★
★
★
★
★
美しい演奏と録音です。素晴らしい。

投稿日:2012/12/20 (木)

美しい演奏と録音です。素晴らしい。

カズニン さん | 東京都 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バッハ(1685-1750)

1685年:アイゼナハで誕生。 1700年:リューネブルクに移り、修道院付属学校の給費生として生活。 1703年:ヴァイマルの宮廷楽団に就職。 1707年:ミュールハウゼンの聖ブラジウス教会オルガニストに就任。同年、マリア・バルバラ・バッハと結婚。 1708年:ヴァイマルに移って宮廷オルガニストに就任。 1714年:楽師長

プロフィール詳細へ

バッハ(1685-1750)に関連するトピックス

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品