CD

パルティータ第1番、第2番、第4番 橋 望(ピアノ)

バッハ(1685-1750)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
PPCA623
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

バッハをライフワークにする橋 望のバッハ第3弾!

バッハ演奏をライフワークにする高橋 望。『ゴルトベルク変奏曲』『平均律クラヴィーア曲集 第1巻』に続く第3弾は、バッハのクラヴィーア組曲の最高峰「パルティータ・アルバム」。恩師ペーター・レーゼル譲りの自然体でピュアな演奏は、作曲家への畏敬の念に溢れ、その清々しい音色と軽やかな表現は、バッハ音楽に新鮮な躍動感を与えています。(販売元情報)

【収録情報】
J.S.バッハ:
● パルティータ第1番変ロ長調 BWV.825
● パルティータ第2番ハ短調 BWV.826
● パルティータ第4番ニ長調 BWV.828


 橋 望(ピアノ/ベーゼンドルファー、モデル275)

 録音時期:2020年11月12-14日
 録音場所:神奈川県、相模湖交流センター
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バッハ(1685-1750)

1685年:アイゼナハで誕生。 1700年:リューネブルクに移り、修道院付属学校の給費生として生活。 1703年:ヴァイマルの宮廷楽団に就職。 1707年:ミュールハウゼンの聖ブラジウス教会オルガニストに就任。同年、マリア・バルバラ・バッハと結婚。 1708年:ヴァイマルに移って宮廷オルガニストに就任。 1714年:楽師長

プロフィール詳細へ

バッハ(1685-1750)に関連するトピックス

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品