CD

カンタータ第5番、第56番、第180番 カール・リヒター指揮

バッハ(1685-1750)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCA9055
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
限定盤

収録曲   

  • 01. カンタータ 第5番≪われはいずこに逃がれ行くべき≫ BWV5 (三位一体節後第19日曜日用) 1.コラール(合唱):Wo soll ich fliehen hin
  • 02. カンタータ 第5番≪われはいずこに逃がれ行くべき≫ BWV5 (三位一体節後第19日曜日用) 2.レチタティーヴォ(バス):Der Sunden Wust hat mich nicht nur
  • 03. カンタータ 第5番≪われはいずこに逃がれ行くべき≫ BWV5 (三位一体節後第19日曜日用) 3.アリア(テノール):Ergiesse dich reichlich, du gottliche
  • 04. カンタータ 第5番≪われはいずこに逃がれ行くべき≫ BWV5 (三位一体節後第19日曜日用) 4.レチタティーヴォ(アルト):Mein treuer Heiland trostet mich
  • 05. カンタータ 第5番≪われはいずこに逃がれ行くべき≫ BWV5 (三位一体節後第19日曜日用) 5.アリア(バス):Verstumme, Hollenheer
  • 06. カンタータ 第5番≪われはいずこに逃がれ行くべき≫ BWV5 (三位一体節後第19日曜日用) 6.レチタティーヴォ(ソプラノ):Ich bin ja nur das kleinste Teil der
  • 07. カンタータ 第5番≪われはいずこに逃がれ行くべき≫ BWV5 (三位一体節後第19日曜日用) 7.コラール:Fuhr auch mein Herz und Sinn
  • 08. カンタータ 第56番≪われは喜びて十字架を負わん≫ BWV56 (三位一体説後第19日曜日用) 1.アリア(バス):Ich will den Kreuzstab gerne tragen
  • 09. カンタータ 第56番≪われは喜びて十字架を負わん≫ BWV56 (三位一体説後第19日曜日用) 2.レチタティーヴォ(バス):Mein Wandel auf der Welt
  • 10. カンタータ 第56番≪われは喜びて十字架を負わん≫ BWV56 (三位一体説後第19日曜日用) 3.アリア(バス):Endlich, wird mein Joch wieder von mir
  • 11. カンタータ 第56番≪われは喜びて十字架を負わん≫ BWV56 (三位一体説後第19日曜日用) 4.レチタティーヴォとアリオーソ(バス):Ich stehe fertig und bereit
  • 12. カンタータ 第56番≪われは喜びて十字架を負わん≫ BWV56 (三位一体説後第19日曜日用) 5.コラール:Komm, o Tod, du Schlafes Bruder
  • 13. カンタータ 第180番≪装いせよ、おお わが魂よ≫ BWV180 (三位一体節後第20日曜日用) 1.コラール(合唱):Schmucke dich, o liebe Seele
  • 14. カンタータ 第180番≪装いせよ、おお わが魂よ≫ BWV180 (三位一体節後第20日曜日用) 2.アリア(テノール):Ermuntre dich: dein Heiland klopft
  • 15. カンタータ 第180番≪装いせよ、おお わが魂よ≫ BWV180 (三位一体節後第20日曜日用) 3.レチタティーヴォ(ソプラノ)とアリオーソ(ソプラノ):Wie teuer sind des
  • 16. カンタータ 第180番≪装いせよ、おお わが魂よ≫ BWV180 (三位一体節後第20日曜日用) 4.レチタティーヴォ(アルト):Mein Herz fuhlt sich in Furcht und
  • 17. カンタータ 第180番≪装いせよ、おお わが魂よ≫ BWV180 (三位一体節後第20日曜日用) 5.アリア(ソプラノ):Lebens Sonne, Licht der Sinnen
  • 18. カンタータ 第180番≪装いせよ、おお わが魂よ≫ BWV180 (三位一体節後第20日曜日用) 6.レチタティーヴォ(バス):Herr, lass an mir dein treues Lieben
  • 19. カンタータ 第180番≪装いせよ、おお わが魂よ≫ BWV180 (三位一体節後第20日曜日用) 7.コラール:Jesu, wahres Brot des Lebens

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
カール・リヒターによる大バッハのカンター...

投稿日:2018/03/19 (月)

カール・リヒターによる大バッハのカンタータ選集からの分売。第56番は1969年、第5番と第180番は1977〜78年、いずれもミュンヘン、ヘラクレス・ザールでの収録。3曲ともバス独唱を担当しているのはディートリヒ・フィッシャー=ディースカウで、特に第56番『喜びて十字架を背負わん』は独唱者がバス1人という「独唱カンタータ」であり、まさに彼の独壇場である。朗々として豊かな声量、巧緻で繊細な表現、聴き応えは十分である。リヒターのシャープで気魄に満ちた指揮も絶品。音質も良好である。

金山寺味噌 さん | 愛知県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バッハ(1685-1750)

1685年:アイゼナハで誕生。 1700年:リューネブルクに移り、修道院付属学校の給費生として生活。 1703年:ヴァイマルの宮廷楽団に就職。 1707年:ミュールハウゼンの聖ブラジウス教会オルガニストに就任。同年、マリア・バルバラ・バッハと結婚。 1708年:ヴァイマルに移って宮廷オルガニストに就任。 1714年:楽師長

プロフィール詳細へ

バッハ(1685-1750)に関連するトピックス

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品