すべての、白いものたちの

ハン・ガン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309207605
ISBN 10 : 430920760X
フォーマット
出版社
発行年月
2018年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
186p;20

内容詳細

しなないで、しなないでおねがい―その言葉がお守りとなり、彼女の体に宿り、そのおかげで私ではなく彼女がここへやってくることを、考える。自分の生にも死にもよく似ているこの都市へ。うぶぎ、ゆき、つき、こめ、はくさい、ほね…白い光と体温のある方へ―ワルシャワと朝鮮半島をむすぶ、いのちの物語。アジア唯一の国際ブッカー賞作家、新たな代表作。最注目の作家が描く破壊の記憶と、再生への祈り。

【著者紹介】
ハン・ガン : 韓江。1970年、韓国・光州生まれ。延世大学国文学科卒業。1993年、季刊「文学と社会」に詩を発表し、翌年ソウル新聞新春文芸に短篇「赤い碇」が当選し作家デビューを果たす。2005年『菜食主義者』で李箱文学賞、同作で16年にマン・ブッカー賞国際賞を受賞

斎藤真理子 : 1960年、新潟市生まれ。明治大学文学部史学地理学科考古学専攻卒業。80年より韓国語を学び、91〜92年、韓国の延世大学語学堂へ留学。15年、パク・ミンギュ『カステラ』(ヒョン・ジェフンとの共訳、2014年、クレイン)で第1回日本翻訳大賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 藤月はな(灯れ松明の火) さん

    「白」に纏わるものに関する散文集。シンプルで美しい文章の中に綴られた、凍てつくような孤独と死、死者を焦がれる気持ちと消せない悲しみ、時の流れの一種の無常さに心も立ち竦む。しかし、その根底にあった祈りに柔らかな温かさを感じたのも確かなのだ。後、頁を繰っていくと鳥の子、卵白色、雪色など、微妙に色が違う紙を使っているので物語の転換と色の淡いがマッチして不思議な感じを味わいました。

  • アマニョッキ さん

    とても美しい本。ページの下辺はきれいに切り揃えられているのに対し、上辺は手作業で裁断されたかのように不揃いで粗い。半分だけの別丁扉。外カバーをはずしたときの表紙の質感。本文に使われている様々な紙の白の違い。視覚と触覚での「白」への誘いは、この作品の持つ静かさと無垢をさらに際立たせている。漢江の文章はもちろん(これ読むまで男性だとばかり思っていました、すみません)、斎藤真理子さんの訳がまた素晴らしい。翻訳大賞…期待しています!

  • ヘラジカ さん

    生と死、境界線、そしてそのイメージと密接に結びついた、日常を取り巻くあらゆる白きもの。断片的な記憶や感触を薄く塗り重ねるように連ねていき、孤独や寂寥感といった複雑な感情を圧倒的に表現している。濃度の違う様々な白い絵の具で現世と常世の紗幕を作り上げたかのようだ。静寂に飲み込まれてしまいそうになるほどの筆力、思わず息をつめる読書だった。小説というよりは長編詩に近いかもしれない。

  • イカロスたけふみ さん

    カニッツァ錯視という、無作為ないしは作為的に並べられた図象からありもしない輪郭を見出してしまうという目の錯覚がある。本書はまるでカニッツァ錯視の様に、白いものにまつわる散文詩を連ね、その断片からひとりの人物の…一人の人物の「喪失」を浮かび上がらせる様な不思議な小説である。一編一編を詩の様に愛しむもよし、輪郭の淡い全体像を思い描いて楽しむもよし、多面的な美しい言葉の集合体だった。電子で読んだのだけれど紙の本は紙の種類なんかにもこだわっているそうで、紙を扱う仕事をしている以上これは紙版も買わねばならん。

  • 星落秋風五丈原 さん

    白からインスパイアされたものについて書かれた散文集。さっくり読めます。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ハン・ガン

韓江。1970年、韓国・光州生まれ。延世大学国文学科卒業。1993年、季刊「文学と社会」に詩を発表し、翌年ソウル新聞新春文芸に短篇「赤い碇」が当選し作家デビューを果たす。2005年『菜食主義者』で李箱文学賞、同作で16年にマン・ブッカー賞国際賞を受賞

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品