ハンヌ・ライアニエミ

人物・団体ページへ

量子怪盗 新☆ハヤカワ・SF・シリーズ

ハンヌ・ライアニエミ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784153350069
ISBN 10 : 4153350060
フォーマット
出版社
発行年月
2012年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
454p 19cm

内容詳細

遠未来、小惑星群にある“監獄”には、ひとりの男の精神が幽閉されていた。男の名は、量子怪盗ジャン・ル・フランブール。かつて太陽系にその名を轟かせた彼も、今は永遠の囚われの身となっていた。そんな彼の監獄にひとりの美少女が現れる。高度な戦闘力を備えた少女ミエリは、脱獄させる見返りとして火星であるものを盗んで欲しい、と告げた。その頃、火星では千年紀長者ウンルー主催のパーティーの準備が進んでいた。怪盗から届いた予告状に対し、気鋭の青年探偵イジドールが呼び出された!超ハイテク世界の火星で展開されるポストヒューマン時代の怪盗対名探偵の対決。

【著者紹介】
ハンヌ・ライアニエミ : 1978年フィランド生まれ。オウル大学で数学の学士号を取得、エジンバラ大学で数理物理学の博士号を得ている。2003年“Shibuya no Love”でデビュー

酒井昭伸 : 1956年生、早稲田大学政治経済学部卒。英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • sin さん

    ラノベか〜おまえは!けばけばしいガジェットの釣瓶打ちこそラノベにはなかなかまねの出来ないSF技ではあるが物語の進行具合はまさに…といった具合でなんだかあきれながら読み進めていくうちにハイになってきました。まあ在りなんだけどキャラクターに溺れて蒔いた種を回収しきれていないようで、ああ続くのですか?3部作!本当はコレ一冊でちゃんとまとめて欲しかったな〜

  • ひめ さん

    SFは苦手なんだけど、いろんなものを読んでみようと思って手に取った。この手の本を読むには歳をとりすぎたのか?!世界観が全然わからず、イメージもできず、なにがなにやら・・・。途中からいろんな設定をすっとばして、ストーリーを追うようにしたら少しは読み進むことができたけど、なんとなくしかわからなかった。10回ぐらい読んだらわかるかなぁ(笑)

  • 宇宙猫 さん

    ★★★★ おもしろいんだけど、ルビを振った言葉が多過ぎて慣れるまでノれない。腹くくって翻訳してほしいところ。人も多いので混乱ぎみ。再読すると更に楽しめそうだけど、一度で疲労困憊。。。

  • アーチャー さん

    なんだなんだ〜。面白いのか面白くないのかよくわからんぞ〜。こういうSFを理解できないオレが単に年をとったってことなのか?ん〜せっかく意気込んで読んだのにもったいない限りじゃ・・・というわけで、作者並びにこの作品のファンの方、こんな私でスミマセンでした。

  • 日向とわ さん

    思いのほか、読むのに時間が掛かってしまった。臨場感がなかなかつたわってこなかった。話やキャラはおもしろいのですが。色々な話を思い出しました。ツンデレ美少女戦士宇宙船は良いですね!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ハンヌ・ライアニエミ

1978年フィンランド生まれ。オウル大学で数学の学士号を取得、エジンバラ大学で数理物理学の博士号を得ている。2003年“Shibuya no Love”でデビュー。2010年に『量子怪盗』(ハヤカワ文庫SF)で長篇デビューを果たした。チャールズ・ストロスの後継者と目されるSF作家である

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド