ハンス・クリスチャン・アンデルセン

人物・団体ページへ

妖精が丘 児童図書館・文学の部屋

ハンス・クリスチャン・アンデルセン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784566013650
ISBN 10 : 4566013650
フォーマット
出版社
発行年月
2005年12月
日本
追加情報
:
21cm,150p

内容詳細

よく知られたお話や風変わりなお話など、アンデルセンの傑作9編を収録。アンデルセン研究の第一人者による再話と、人気イラストレーターの美しくファンタジックな挿絵で、読者を新鮮な驚きに満ちた世界へと誘う。

【著者紹介】
ナオミ・ルイス : イギリスの作家、詩人。すぐれた児童文学評論家としても知られている。アラビアン・ナイト、イソップ寓話、グリム童話、アンデルセン童話などの編著者としても活躍し、とくにアンデルセン研究については第一人者。長年の児童文学への貢献が認められ、エリナ・ファージョン賞を受賞している

エマ・チチェスター・クラーク : チェルシー美術学校と王立美術大学で学び、最初の絵本『Listen to This!』でマザー・グース賞を受賞。ロアルド・ダール、アン・ファイン、マーガレット・マーヒーなどの本にイラストを描き、世界的な名声を得ている

せなあいこ : 東京生まれ。同志社大学文学部卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • おはなし会 芽ぶっく  さん

    4年生ブックトーク授業【冬休みにおすすめの本】面白そう、と思ってもらえるような短めの本を選書。宿題にはしませんが、「面白かったところ、クライマックス」を読み終えたら考えてね、と紹介しました。アンデルセン童話が9編。マッチ売りの少女はみんな知ってましたが他は知らず、私自身も表題を含めて初めて知ったおはなしが多かったです。 『 しあわせな家族 / 羊飼いのむすめと、えんとつそうじの若者 / おひめさまと豆つぶ / ブタの貯金箱 / マッチ売りの少女 / 妖精が丘 / イーダちゃんの花 →

  • てつろう さん

    アンデルセンのミュージカルの公演為に 忘れかけていた物語を読んでみた

  • mayuri(Toli) さん

    アンデルセン研究の第一人者で詩人のナオミ・ルイスの再話によるアンデルセン童話で、詩人ならではの美しい言葉で紡がれる物語たちがとても魅力的な一冊。アンデルセン童話の受容史にも一役買っている様です。 お話も、登場人物(特に女の子)が過酷な目に遭うお話が多いなと思ったが、そこに本人にとっては救いであるような出来事が結末として用意されている。それは天才と言われ知らないものはないと言われるが挫折に満ちた生涯を送ったアンデルセンの一種の願いなのだろうか。とても印象的な物語たちでした。

  • 水色さくら さん

    ○/「ジャンプきょうそう」がシュール(笑)。「しあわせな家族」の閉じきった感が好き。あんまりアンデルセンっぽくない話だなと思った。

  • 2020neko さん

    ☆☆☆☆★4/近図。4月の作家(アンデルセン)。中学年〜。「しあわせな家族」「羊飼いのむすめと、えんとつそうじの若者」「おひめさまと豆つぶ」「ブタのちょきん箱」「マッチ売りの少女」「妖精が丘」「イーダちゃんの花」「ジャンプきょうそう」「ナイチンゲール」9編所収

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品