ハワード・フィリップス・ラヴクラフト

人物・団体ページへ

ラヴクラフト全集 6 創元推理文庫

ハワード・フィリップス・ラヴクラフト

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784488523060
ISBN 10 : 4488523064
フォーマット
出版社
発行年月
1989年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
15cm,354p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 藤月はな(灯れ松明の火) さん

    「可愛いだけじゃなくて、実は猫の残酷で恐ろしい所も引っ括めて大好き」な猫好きは必読な「ウルタールの猫」。そして作者の分身、ランドルフ・カーターシリーズはダンニセイ風味だけじゃなく、ラブクラフト自身の悪夢も背景にあるのでより、幻想的で恐ろしいものとなっている。特に「銀の鍵の門を超えて」は異界のモノとなった人物に衝撃を受ける。しかし、「未知なるカダスを夢に求めて」で恐ろしくも美しい異界からニューイングランドへ引き戻される予定調和で悪夢から目覚めるようなラストはラブクラフトがピューリタンであったからかな?

  • Bugsy Malone さん

    夢の国の話とランドルフ・カーター物の第6巻。「白い帆船」に始まり猫が怖い「ウルタールの猫」他6編と続いて行き、敢えて執筆順ではなく集大成の様な冒険譚「未知なるカダスを夢に求めて」を最後に読ませる所は流石です。それにしても食屍鬼の義理堅さと夜鬼の忠実さには驚かされた。

  • KAZOO さん

    むかしからこのような感じの小説が好きでした。日本にはない分野の小説ですよね。妖怪とも異なるし、お化けとも違う。別の世界があって、アマゾンの半魚人のような怪物が出てきたり、魚臭い人間がいたり。半分SF的な世界なのでしょう。コミックで読んだりしてラヴクラフト全集に戻ってしばらくぶりに読みましたが、創造力が掻き立てられて自分で怖い世界を作り上げてしまうような感じです。やめられない。

  • マウリツィウス さん

    【「ネクロノミコン」/「《銀の鍵》ランドルフ」/コキュートス・カイーナ】そもそも整理してみよう…邪教典ネクロノミコンの「起源史」を…。例えば、「《緑の章》」と仮定すべき『論語』を凌いでいる。何のことでしょうか、当ててみましょう。ええ、そこの《貴方》。裏返してみると、分かるのですよ。「鍵」、興味深い。銀の鍵の門を超えるとそこには「新しく開いた門が唱えられる」。恐らく「鍵」の正体は「油と光」、謎解きです。ウンベルト・エーコ『薔薇の名前』『フーコーの《ペンデュラム》」…来るな、邪神クトゥルフ、「惑星に住まう」。

  • まつ子 さん

    ★★★☆☆ 6巻の目玉となる、「未知なるカダスを夢に求めて」は、その長さと難解な文体や用語のために何度も読書を中断する羽目になってしまった。内容自体はなかなか面白いのだが、読破には相当の気合が必要。 その他の短編はどれもすっと読めて、特に「セレファイス」の儚さは好みである。 ランドルフ・カーターが主人公の5編では、「ランドルフ・カーターの陳述」と「銀の鍵の門を越えて」が気に入った。 あと、「ウルタールの猫」をはじめ、猫が大活躍するシーンが多く、癒される(作中の猫は超凶暴だけど)。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ハワード・フィリップス・ラヴクラフト

米国の怪奇小説作家。幼少期から大の読書家で、愛読していた先達の作品から多くのヒントやインスピレーションを得て、独自の神話世界を造りあげた。やがて、その世界を共有したいと願う同輩・後輩作家たちの参入によって稀有なる発展を遂げ、「クトゥルフ神話」もしくは「クトゥルー神話」と呼ばれるようになる(本データは

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品