ハチャトゥリアン(1903-1978)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

スパルタクス(抜粋)、ガイーヌ(抜粋) / 四季 ハチャトゥリアン&ウィーン・フィル/アンセルメ&スイス・ロマンド管

ハチャトゥリアン(1903-1978)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
460315
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD

商品説明

ハチャトゥリアン:バレエ《スパルタクス》より抜粋
〜スパルタクスとフリーギアのアダージョ、エギナのヴァリエーションとバッカス祭、情景とクロタルを持った踊り、ガディスの娘の踊りとスパルタクスの勝利
バレエ《ガイーヌ》より抜粋〜剣の舞、アイシャの踊り、レズギンカ、ガイーヌのアダージョ、ゴパーク
グラズノフ:バレエ音楽《四季》 作品67

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、指揮:アラム・ハチャトゥリアン
スイス・ロマンド管弦楽団、指揮:エルネスト・アンセルメ
録音:1962年3月 ウィーン、1966年5月 ジュネーヴ

収録曲   

  • 01. Empty 3.0
  • 02. Closing In 2.0
  • 03. On the Outside 2.1
  • 04. Ending World 1.1
  • 05. Seek300 2.11
  • 06. Sky Away 2.0, The
  • 07. Are 'Friends' Electric? 2.0
  • 08. Ozar Midrashim 1.1
  • 09. Ridge 1.1, The
  • 10. White Roses 1.0
  • 11. Kebabtraume 1.0

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
5
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
随分昔のこと「レコ芸」にVPOエピソード集が載...

投稿日:2011/06/04 (土)

随分昔のこと「レコ芸」にVPOエピソード集が載っていました。カラヤンら指揮者とVPOのやりとりを集めたものですが、最後にハチャトゥリアンのこの録音の際の逸話があり、それによればVPOがなかなかハチャトゥリアンのいうことを聞かず、彼は「ソヴィエトでは指揮者が将軍で楽員が兵卒だが、ウィーンではさかさまだ」とぼやいたそうな(原典をなくして記憶にたよって書いているので表現が異なるかもしれませんが)。両者が「なんだコイツは」と思いながら「対峙」した様は興味深いものがありますが、結果としてホットな名演が残ったことは我々にとり幸運でした。ハチャトゥリアンは西側のオケを振ったときでも相当固い響きを出す人ですが、VPOはそうはならなかった。結果として、ローカル色や深い叙情を持ちつつも、ある種普遍性を獲得しえていると思います。尚54年EMI、77年EMIとは少しずつ収録曲が異なります。

千葉のアリアドネ さん | 千葉県 | 不明

1
★
★
★
★
★
 ハチャトリアンとVPOがどのような関係...

投稿日:2011/04/16 (土)

 ハチャトリアンとVPOがどのような関係の中で録音されたかは、わかりませんが、VPOのみずみずしさと熱気は伝わってきます。VPOに変な余裕やどうだといったところがなく、自作自演という状況もあり、熱気が感じられます。VPOも作曲者の意図通り演奏している感じで、民族的な情緒も感じられ、まさに歴史的な録音といえます。スパルタクスやガイーヌについては、この曲のファーストチョイスとしてお薦めします。

TKOクラシック さん | 神奈川県 | 不明

3
★
★
★
★
★
自作自演集は、ロンドン響にもあるが、演奏...

投稿日:2009/02/27 (金)

自作自演集は、ロンドン響にもあるが、演奏は圧倒的にこちらである。オケがウィーン・フィルとしても、この華麗で濃厚かつ豪華な演奏は見当たらない。おそらく、ウィーン・フィルのレパートリーとしてはほぼ初めて、やり慣れた曲目と違って、半ば本気で演奏しているようだ。(指揮も、作曲者ですし)カップリング曲にやや違和感を感じるが、ロンドン響盤も四季がカップリング曲になっている。偶然か、あるいは、ロシア人作曲家バレエ作品繋がりであるためか?やはり、ハチャトゥリアンで統一してほしかった。

k.k さん | 大阪府 | 不明

1

ハチャトゥリアン(1903-1978)に関連するトピックス

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト