ネイチャー・プロ編集室

人物・団体ページへ

どうぶつの耳 どうぶつのからだ

ネイチャー・プロ編集室

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784034144404
ISBN 10 : 4034144408
フォーマット
出版社
発行年月
2010年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
28cm,31p

内容詳細

動物たちの体の形は、住んでいるところに合わせて暮らしやすいようにできている。「長くて、血管がすけてみえる耳は」など、クイズ形式で様々な耳の持ち主を紹介し、そのような構造になった背景と特徴を解説する。

【著者紹介】
増井光子 : よこはま動物園ズーラシア園長。兵庫県立コウノトリの郷公園園長。獣医学博士。1937年大阪府生まれ。1959年、麻布獣医科大学(現・麻布大学獣医学部)卒業。上野動物園、多摩動物公園などに勤め、1985年、日本で初めて人工授精によるパンダの赤ちゃん誕生を成功させる。多摩動物公園園長、上野動物園園長、麻布大学教授を経て、現職。人馬による耐久レースの競技者でもある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 遠い日 さん

    「どうぶつのからだ」シリーズ4。自然界で生きる動物たちには、耳は敵から身を守るために大切な働きをする機関。常にアンテナを張って、不穏な音を聞き分ける。アマガエルの耳が鼓膜を剥き出しのままでついているのは驚きでした。

  • こどもふみちゃん  さん

    動物のみみはそれぞれ用途によって色々な形をしている。どんな用途でどういう形なのかをこども達に分かりやすく説明した写真絵本。文章は問いかけ→優しい説明文。です。説明文の入門書としてもお勧め(3〜5歳)。どうぶつのからだシリーズ。全6巻。そのほかもお勧めです(*^_^*)3・4・5・6・7・8さいむけ 。

  • さき さん

    小1息子ひとりよみ

  • たくや さん

    ちょっと難しかったみたい

  • はやた さん

    2017年8月に読んだ絵本の登録

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

物理・科学・医学 に関連する商品情報

おすすめの商品