スマホをひろったにわとりは

ニック・ブランド

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784867160404
ISBN 10 : 4867160407
フォーマット
発行年月
2020年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
32p;26

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ベーグルグル さん

    これはスマホ時代の今だからこその絵本ですね。スマホに夢中になりすぎて、使い方を間違えたら危ないよという事を教えてくれる絵本。便利なスマホの思わぬ落とし穴。子供だけでなく、大人も気をつけないと。

  • chiaki さん

    現代版イソップみたい!ケッコウ・コッケイ農場の鶏ポップコーンは、友だち想いであることを自負している。挨拶はかかさず、親切に接し、役に立つことを率先してする。ある時、馬小屋に落ちていた眩しく光る小さな箱(スマホ)に惹かれてスマホ漬け!見知らぬ相手だけど礼儀正しくすぐに返事をしてくれる!自分にぴったりな友だちが見つかったとポップコーンは喜びますが…。便利なスマホの思わぬ落とし穴!子どもに持たせる前に読んであげたい1冊です。

  • anne@灯れ松明の火 さん

    隣市の図書館通信ご紹介。イマドキだなあと思いつつ、気になり、地元で予約。なかなか面白かった。今は、小さな子どもが、親のスマホやタブレットをスイスイと操る。出版社からのコメントに「SNS犯罪から子どもを守るために読んで欲しい、ちょっとおかしなおとぎ話」とある通り、お子さんに読んであげるのはいいと思う。ポップコーンという主役のにわとり、自分を友達思いだと繰り返して、鼻につく〜と思ったが、本当に友達が助けに駆け付けるので、みんなは私のようには思っていなかったようだ(笑) 良かったね(笑)

  • どあら さん

    図書館で借りて読了。イイ仲間がいてよかったね😄👍

  • ケ・セラ・セラ さん

    もはやスマホ無しでは成り立たない現代。SNSに夢中になり過ぎてリアルな生活に支障をきたさないように、顔の見えない相手に気を許す危険性について。絵がポップで語りもテンポよく、スマホとの上手な付き合い方を子どもたちに楽しく伝えられる絵本。主役のにわとりはちょっと鼻につくキャラだったけど、農場の仲間たちとはうまくいっているようなので、まぁ良しということで。(^^;

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ニック・ブランド

1973年オーストラリアビクトリア州ヤラ・バレー生まれ。書店で働きはじめたことをきっかけに絵本作家をめざし、2005年に“A Monster Wrote Me a Letter”でデビュー。現在はノーザンテリトリー準州ダーウィンに暮らし、作家・画家として活躍するほか、週末はアボリジニーの少年たちの寄

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品