ニクラス・ルーマン

人物・団体ページへ

宗教論 現代社会における宗教の可能性 叢書・ウニベルシタス

ニクラス・ルーマン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784588099144
ISBN 10 : 4588099140
フォーマット
出版社
発行年月
2009年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,124,10p

内容詳細

われわれの社会は神とコミュニケートできるか。現代における宗教の可能性をさぐり、“社会現象”としての宗教の解明を試みる、ドイツ社会学界の重鎮・ルーマンによる宗教社会学の新たな展開。

【著者紹介】
ニクラス・ルーマン : 1927年ドイツのリューネブルクに生まれる。1968‐1993年ビーレフェルト大学社会学部教授。70年代初頭にはハーバーマスとの論争により名を高め、80年代以降「オートポイエーシス」概念を軸とし、ドイツ・ロマン派の知的遺産やポスト構造主義なども視野に収めつつ、新たな社会システム理論の構築を試みた。90年前後よりこの理論を用いて現代社会を形成する諸機能システムの分析を試み、その対象は経済、法、政治、宗教、科学、芸術、教育、社会運動、家族などにまで及んだ

土方昭 : 1927年生まれ。京都大学大学院哲学科修士課程修了。現在、高崎経済大学名誉教授

土方透 : 1956年生まれ。中央大学法学部法律学科卒業。同大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(社会学)。現在、聖学院大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ニクラス・ルーマン

ビーレフェルト大学名誉教授。1968年から1993年までビーレフェルト大学社会学部教授を務めた。1927年‐1998年。著書多数

プロフィール詳細へ

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品