ナタリア・ギンズブルグ

人物・団体ページへ

小さな徳 須賀敦子の本棚

ナタリア・ギンズブルグ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309619934
ISBN 10 : 4309619932
フォーマット
出版社
発行年月
2018年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
165p;20

内容詳細

名作『ある家族の会話』の前に発表され、カルヴィーノも大絶賛した現代イタリアを代表する作家のエッセイ集。獄死した夫との流刑地の日々をつづった「アブルッツォの冬」、『ユルスナールの靴』とイメージの重なる「ぼろ靴」、友みなが不在の夏の日に自死したパヴェーゼの思い出「ある友人の肖像」など珠玉の11編。

目次 : 第1部(アブルッツォの冬/ ぼろ靴/ ある友人の肖像/ イギリスに捧げる讃歌と哀歌/ メゾン・ヴォルペ/ 彼と私)/ 第2部(人間の子ども/ 私の仕事/ 沈黙/ 人間関係/ 小さな徳)

【著者紹介】
ナタリア・ギンズブルグ : 1916‐1991。イタリア、パレルモに生まれ、トリノで育つ。幼少時から詩作を始め、高等中学校時代には短編少説に才能を発揮する。反ファシズム活動家レオーネ・ギンズブルグと結婚し、1940年から3年間を夫の流刑地アブルッツォ州の村で過ごす。42年、最初の小説『町へゆく道』を刊行。夫が獄中死を遂げた後、ローマとトリノで出版社エイナウディを拠点とし、小説の執筆やプルーストの翻訳などに勤しむ。再婚したガブリエーレ・バルディーニとローマに転居後は戯曲にも創作の幅を広げた。57年、小説『ヴァレンティーノ』でヴィアレッジョ賞、63年『ある家族の会話』でストレーガ賞

白崎容子 : 東京生まれ。東京外国語大学修士課程修了。1972〜73年にローマ、2002〜03年にフィレンツェとローマに留学。元慶應義塾大学文学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ヘラジカ さん

    イタリアの作家ギンズブルグのエッセイ集全訳。短い文章ながらも響くものが非常に多い。詩的な存在をそのまま、あるいはそれ以上に詩的なものとして表現する素晴らしさ。対象への文章による接し方というか、見つめる眼差しが須賀敦子と本当によく似ている。迫害や戦争の傷跡を書いたものが多い点は須賀さんのエッセイとは少し違うが、死別した夫との距離感など、素人目にも原点がここにあることが分かる。短くもヴィヴィットな自伝的エッセイ「人間関係」、明快で納得してしまう教育論的な文章「小さな徳」が特に良かった。

  • おおた さん

    論理が逸脱せず親身なやさしさをもっている。戦争の苦労や身内との離散・死別を経験したからここまで優しくなれるのだろうか。文中でも解説でも言われているのは、自分にしがみつかずに他者として突き放した文章であること。現実のささやかな正しさにしがみついて大志を忘れてしまうことの危機感を説く表題作は特に身に染みた。作者の小説もぜひ読んでみたくなる。

  • jugemu さん

    珠玉の随筆集。須賀さんの本の中からは、イタリア文学の老大家で近寄りがたい峻厳なお婆さんというのが、ナタリア・ギンズブルグの印象だが、本書から浮かび上がる彼女のイメージは全く異なる。第一部が良い。中でも最初の二編に特徴が凝集されており、自分を取り巻く環境や周囲の人への目配りと距離感の中に細やかでさりげないながらも人生の真実を書きとめる。この二編は時と所を違えればまるで須賀さんの文章を読んでいるような味わいがある。ナタリアが須賀敦子文学を作ったと池澤さんがまとめるのも非常に納得。翻訳文章の出来も良い。

  • アヴォカド さん

    これから老いへと向かう日々の途上で、時折思い出して読みたい。

  • Susumu Kobayashi さん

    「イギリスに捧げる賛歌と哀歌」冒頭でイギリスを称賛しておいて、あとはシニカル。イタリア人視点ならこうなるだろう。巻末の表題作は、「子どもを育てるにあたって教えるべきものは、小さな徳ではなく大きな徳だと思う。貯蓄ではなくお金にこだわらない鷹揚さ。用心深さではなく危険を顧みない勇猛さ」(p. 123)とあるが、同意できる部分もあるが、そうでない部分も。著者の通り実践するのは難しい。しかし、著者の言う「天職」――「お金を度外視して、燃えたぎる一途な情熱を注ぎ込むもの」(p. 136)――を見つけるのは大切だ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品