ナシーム・ニコラス・タレブ

人物・団体ページへ

反脆弱性 不確実な世界を生き延びる唯一の考え方 下

ナシーム・ニコラス・タレブ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784478023228
ISBN 10 : 4478023220
フォーマット
出版社
発行年月
2017年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
420p;20

内容詳細

国家、社会の行く末から、生き残る仕事、学ぶべき知識まで―。私たちはこれからどう生きるべきか、万物に通じる思考のものさし「脆弱/頑健/反脆弱」をもとに語り尽くす。

目次 : 第5部 あれも非線形、これも非線形(1個の大石と1000個の小石の違いについて/ 賢者の石とその逆)/ 第6部 否定の道(時と脆さ/ 医学、凸性、不透明性/ ほどほどに長生きする―「引き算」の力)/ 第7部 脆さと反脆さの倫理(身銭を切る―他人の犠牲と引き換えに得る反脆さとオプション性/ 倫理を職業に合わせる―自由と自立/ 結論)/ エピローグ 生まれ変わりに生まれ変わりを重ねて

【著者紹介】
ナシーム・ニコラス・タレブ : 文筆家、トレーダー、大学教授および研究者という三つの顔を持つ、現代の急進的な哲学者。主な研究テーマは「不透明性のもとでの意思決定」、つまり人間にとって理解不能な世界で生きていくための地図やルールについて考えること。レバノンでギリシア正教の一家に生まれ、ウォートン・スクールでMBAを、パリ大学で博士号を取得。現在、ニューヨーク大学タンドン・スクール・オブ・エンジニアリングでリスク工学の教授を務める

望月衛 : 大和投資信託株式会社リスクマネジメント部。京都大学経済学部卒業、コロンビア大学ビジネススクール修了。CFA、CIIA。投資信託等のリスク管理やパフォーマンス評価に従事

千葉敏生 : 翻訳家。1979年神奈川県生まれ。早稲田大学理工学部数理科学科卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 赤星琢哉 さん

    世の中は変動性・不確実性があり予測不可能である。しかし多くの人々は未来を予測し安定性を求める。そしてそれに漬け込む輩が跳梁跋扈しているのが現代。このような世の中をどのように生きていけば良いかを説いたのが本書。基本的には予測できないことは下手に予測せず、変動性を好み(得をする)、大きく負けない状態で、大きく勝つポジション(無限大のアップサイド)を持っておく。後半難しくまだ消化仕切れていない部分はあるので、もう少し時間を置いて再読してみたい。良著です。

  • keitastyle さん

    不確実な世界を生き延びる唯一の考え方 まさにそういう本です

  • りょうみや さん

    上巻に続いて読んでかなり刺激を受けた。メインの主張は上巻にほぼ収まっていて、下巻はこれまでの考えかたを基にした著者の健康、職業、倫理、社会などの考え方が存分に展開されている。色々なものが一本の線で繋がる。

  • Tomoyuki Kumaoka さん

    とても刺激的な本だった。自分の中でもっとよく理解する必要がある。まず「脆さとは、変動性や不確実性によって損をするものである」であり逆に、反脆さは得をすることだ。第6部の「否定の道」が特に興味深かった。何をすべきか、ではなく何をしないべきか、を考える。スティーブ・ジョブズは「イノベーションとは、1000のアイデアにノーということなのだ」という。何かに集中するためには、いらないアイデアを心苦しくも捨てていく。また、時を経っても残っているものは反脆く、未来にも残っている可能性が高い。未来のモノは過去にある。

  • isao_key さん

    下巻は有名人物の引用が印象的に使われている。ジョブズの言葉からは「誰しも、何かに集中するというのは、集中すべきものにイエスと言うことだと思っている。だが、そうじゃない。残りの100の名案にノーを突きつけることなんだ。慎重に選ばなきゃならない。本当のところ、私は自分のしてきたことと同じくらい、しなかったことに誇りを持っている。イノベーションとは、1000のアイデアにノーと言うことなのだ。」本選びのアドバイスもしている。「20年以内のものはできるだけ読むな。ただし50年以上前のことを書いている歴史書は別だ。」

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ナシーム・ニコラス・タレブ

文筆家、トレーダー、大学教授および研究者という三つの顔を持つ、現代の急進的な哲学者。主な研究テーマは「不透明性のもとでの意思決定」、つまり人間にとって理解不能な世界で生きていくための地図やルールについて考えること。レバノンでギリシア正教の一家に生まれ、ウォートン・スクールでMBAを、パリ大学で博士号

プロフィール詳細へ

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品