ドビュッシー、ラヴェル

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

『海』、『牧神の午後への前奏曲』、『亡き王女のためのパヴァーヌ』、『ダフニスとクロエ』第2組曲 カラヤン&ベルリン・フィル

ドビュッシー、ラヴェル

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4390082
組み枚数
:
1
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ドビュッシー:
・交響詩『海』
・牧神の午後への前奏曲
ラヴェル:
・亡き王女のためのパヴァーヌ
・『ダフニスとクロエ』第2組曲
 カールハインツ・ツェラー(フルート)
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)
 録音:1985年12月(デジタル)

収録曲   

  • 01. Jeux de Vagues
  • 02. Dialogue du Vent et de la Mer
  • 03. De l'Aube A Midi Sur la Mer
  • 04. Pavane Pour une Infante Defunte
  • 05. Suite No. 2

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

3.5

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
2
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
まず録音が素晴らしいです。演奏はフランス...

投稿日:2018/03/04 (日)

まず録音が素晴らしいです。演奏はフランス系の指揮者のものに比べるとドッシリ感があり、一風変わっているなという印象を受けました。

ルシータ さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
カラヤンはデジタルの80年代になってから...

投稿日:2014/06/08 (日)

カラヤンはデジタルの80年代になってから歳のせいか 感性が高齢者的になっている気がする。 「世界一のベルリンフィルならこうありき」な感が否めない。 もちろんアンサンブルは言う事はないのだが、 印象派の音楽に必須な空気が読めていない。 「海」の大波は描けても、波打ち際のささやきのような音が聴こえない。 「ダフニス」についても朝の情景は描けても、踊りの音楽が硬い。

abbadondon さん | 栃木県 | 不明

1
★
★
★
☆
☆
カラヤン・ベルリンフィルのドビュッシーは...

投稿日:2008/02/08 (金)

カラヤン・ベルリンフィルのドビュッシーは、どうしても力んでしまっているように聴こえてしまう。特に「海」はその傾向が強い。冒頭部から「海」らしい感じがしない。むしろラヴェルの「ダフクロ」全曲盤の冒頭部を思わせる。「牧神の午後」ではすこし良くなっている。逆にラヴェルは手馴れているせいか自在に演奏している感じがする。ラヴェルはドビュッシーに較べて音の輪郭が明確で少し粘っこい部分があるのでこのコンビの質に合っているのかもしれない。

yacchan さん | 静岡県賀茂郡南伊豆町 | 不明

0

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト