リスからアリへの手紙

トーン テレヘン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309207933
ISBN 10 : 4309207936
フォーマット
出版社
発行年月
2020年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
112p;20

内容詳細

高い木に家を構える思慮深いリス君、蜜が大好きな奥ゆかしいアリさん、ダンスと木登りを愛する象君、蜂蜜ケーキが好きな熊君、バラの木の下の隠れ家に住む恥ずかしがりのアリマキ君…。一癖も二癖もある動物たちが繰り広げるオフビートな物語。『ハリネズミの願い』の著者が贈る、自由で喜びに満ちたユートピア。

【著者紹介】
トーン・テレヘン : 1941年オランダ生まれ。作家・詩人・医師。ユトレヒト大学で医学を修め、ケニアでマサイ族の医師を務めたのちアムステルダムで開業。84年、最初の動物たちの物語『一日もかかさずに』を発表。以後も、リスやアリをはじめとして動物たちを主人公とする物語を50作以上発表し、世界で愛されている。受賞も多数。邦訳に、『ハリネズミの願い』(本屋大賞翻訳小説部門受賞)など

柳瀬尚紀 : 1943年北海道根室市生まれ。英米文学翻訳家。2016年7月30日没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • starbro さん

    トーン・テレヘン、3作目です。人間さえも手紙を書かない時代にリスもアリもゾウも、最期には太陽までも手紙を書くのは何故でしょうか?大きなゾウが木の上に昇ったり、著者の作品の中では、一番寓話性が高く、アナーキーな作品でした。

  • sui さん

    38。個性豊かな動物たちが自分の好きな食べ物のこと、誕生日についてなどやりとりをしていく。風に運ばれる手紙が伝える、心の滋養の物語。じつは「ハリネズミのねがい」を挫折したにも関わらず、ついタイトルや表紙の素敵さに惹かれて手にしてしまった(笑) リスさんがアリさんへ何かを伝えたいけど言葉にならず、ひたすらアリさんへを書き並べたような手紙やら、手紙さゆえのタイムラグで会話が行き違っていたりなどのもどかしさもあるけれど、手紙だからこそ伝わる動物たちの心の暖かいやりとりが伝わるお話でした。相変わらず独特の世界観。

  • ebi kan さん

    色んな動物たちの手紙のやり取りから始まる不思議な物語り。へんてこな理由でも素直な気持ちで書き綴る手紙。受け取った動物もちゃんと理由を考えまた送り返す。こんなやり取りが出来る世界はとっても良い。

  • まりuxu さん

    表紙が可愛くて気になったので購入しました( ˊᵕˋ ) 色々な動物達が何かしら理由をつけて手紙を送り合うと言う可愛いらしい内容‼︎手紙って貰えると嬉しいよね。

  • sora さん

    手紙が自由にとんでいく アリとリスと象と 不思議な世界で癒される

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品