トミー・ウンゲラー

人物・団体ページへ

へびのクリクター

トミー・ウンゲラー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784579400997
ISBN 10 : 4579400992
フォーマット
出版社
発行年月
1982年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
28cm,32p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • seacalf さん

    カフェデッキ五冊目。ここまで来ると待ち列の先頭。蛇だけど愛嬌のあるクリクターのお話。インパクトあるとても長いベッド、小さい頃に見た記憶があるような、ないような笑。こういう愉快な絵本で触れておくと、大人になってからも蛇への嫌悪感が薄くなるかも。行列に並ぶのは大の苦手だけど、読み聞かせ以来の懐かしい絵本だけでなく、まだまだ掘り出し物の絵本がありそうなので、またこのカフェを訪れてみたい。

  • ♪みどりpiyopiyo♪ さん

    みてみて!表紙の優雅なご婦人♡ ちょっとナンセンスで品良く楽しいお話を読みました♪ ■フランスの小さな街の素敵なおうちにやって来た、心優しく賢いへびのクリクター。おうちのマダムの行動が、さすが この親にしてこの子あり! なんてお茶目なの♡ ■1枚1枚の絵がとても魅力的。想像力をくすぐる遊び心が随所に感じられます。マダムの生き生きとした様子が可愛らしくて、ウンゲラー ほんと大好き☆ ■かわいいへびが大活躍する、世界でも稀な、しかも世界中で愛されているウンゲラーの代表傑作です (=^▽^=) (1958年)

  • ベーグルグル (感想、本登録のみ) さん

    爬虫類の研究をしている息子より、ボド婦人へ誕生日プレゼントが届いた。その中身は、なんとヘビ。無毒と知ったボド婦人は大切に育てます。その名は「クリスター」。クリスターはある事をやり勲章を貰い、町の英雄へ。ヘビが主人公、しかもヒーローになるお話は初。この絵が愛らしいためか、ヘビと言っても可愛く感じてしまう。こんなヘビなら私も飼ってみたい。お話もユニークで、絵も味わいがあってとても好みでした。

  • パフちゃん@かのん変更 さん

    ヘビは大嫌いだけど、この本を小さいときに読んでもらっていたら嫌いにならなかったかもしれません。優しく役に立つ、英雄のヘビ、クリスター。銅像までつくられて公園の名前にも付いたんだ。「良い絵本シリーズ」

  • chiaki さん

    ウンゲラーに惹かれて。ブラジルで爬虫類を研究する息子から、ボド婦人に贈られた誕生日プレゼントは、まさかのヘビ!!!はじめは驚いたボド婦人でしたが、“クリクター”と名付けてミルクをやったり、椰子の木を買ってあげたり、セーターを編んであげたり…結構しっかり可愛がります。独自の手法でアルファベットを覚え、数も数えられるクリクターは、子どもたちとも体をはって接し、そしてある日凄いおてがらまであげちゃいます!「ながながとねて〜」「ながくしあわせに〜」と、シャレの効いた日本語訳にもクスッと笑わされました♡

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

トミー・ウンゲラー

1931年、フランス、アルザスのストラスブール生まれ。25歳の時にニューヨークへ渡り、イラスト、漫画、デザイナーとして幅広く活躍。1998年、国際アンデルセン賞画家賞を受賞

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品