テキサス親父の大正論 韓国・中国の屁理屈なんて普通のアメリカ人の俺でも崩せるぜ!

トニー マラーノ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784198638139
ISBN 10 : 4198638136
フォーマット
出版社
発行年月
2014年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
191p;18

内容詳細

目次 : 第1章 アメリカを壊す慰安婦像に紙袋をかぶせてやったぜ!/ 第2章 韓国の反日は「慰安婦」「竹島」「靖国」の3本の矢でできてるぜ!/ 第3章 1000年恨んだ反日活動に世界がドン引きしているぜ!/ 第4章 常に自分たちの行動が、自分たちに返ってくるお前らが好きになりそうだぜ!/ 第5章 韓国の「宗主国」中国は世界制覇を目指しながら自分の墓穴を掘ってるぜ!/ 第6章 誕生!「プロパガンダ・バスター」!/ 第7章 日本の皆さんは今のアメリカに怒ってくれ!俺も怒っているんだっ!/ 第8章 日本のトップ論客、室谷克実さんと3時間も対談したぜ!/ 終章 だから俺は日本が好きなんだ!

【著者紹介】
トニー マラーノ : 通称「テキサス親父」。1949年生まれ。動画掲載サイト「YouTube」を通じて、古き強きアメリカ保守派の視点から、極東各国、米国への提言を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
テキサス親父氏のいいところはまずその言い...

投稿日:2014/07/25 (金)

テキサス親父氏のいいところはまずその言い切り方の痛快さ。あくまでも普通のアメリカ親父の立場で物を言っているため、どこにも遠慮する必要がないし右顧左眄しなくてもいい強さがある。その上論旨にあいまいさも隙もないのはさすがディベート大国アメリカの論客といったところ。随所にユーモアを交えてあるので読後感も良い。これもジョーク好きのアメリカ人らしい。 本書でのターゲットは中国と韓国。この両国の隙だらけの主張を突き崩すなどはテキサス親父氏にとっては造作もない事であろう。特に韓国にとってはこの論鋒の鋭さは脅威であるはずで、韓国政府がテキサス親父氏のYouTubeの韓国語チャンネルを「有害指定動画」として遮断するという力技に出ざるを得なかったのも、論争ではテキサス親父氏には敵わないと自ら認めたようなものだ。テキサス親父氏はこれでさらに闘志を掻き立てられたようで、早くも次の著作が楽しみになってきた。 テキサス親父氏は中韓両国による理不尽とも言える日本攻撃の要因は「世界の警察官」であったアメリカの弱体化にあり、アメリカが弱体化してしまったのはオバマ民主党政権の失政によるものだと指摘する。さらにオバマ民主党政権のもとには多額の中国マネー・韓国マネーが流れ込んでおり、三者はズブズブの関係だ、とも指摘する。この指摘はおそらく正しいだろう。親日家であるとともに率直な愛国者であるテキサス親父氏はこの状況に怒りを覚えており、彼が日本を応援してくれるのも、信頼できる同盟国・日本を応援することはアメリカの国益にも適う、と信じているからである。こういう人が居てくれるというのは実に頼もしいことだ。

金山寺味噌 さん | 愛知県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • mari さん

    YouTubeで度々みたことのあるテキサス親父、ぜひ本を読んでみたかった。室谷さんとの対談が良かった。『レッテル貼りは左翼の伝統的な作戦』なるほど!『だからオレは日本が好きなんだ』の箇所を子どもたちに聞かせたい。今までは日教組ガチガチで日本素晴らし系は削除されてたのですよね〜。ほんま国を潰すには教育からだな〜とつくづく思います。

  • mami さん

    痛快!日本を愛する日本人に是非読んでもらいたい。終章「だから俺は日本が好きなんだ!」に記されている、日本人でさえ知らないエピソードには思わず涙。

  • あずさ さん

    なんて頼もしい人なんだ。日本人が何か言うと、すぐ差別だなんだと言われるので、こういった立場の人がいるのはありがたいし心強い。理論的でわかりやすい文章で、重い話題なのに堅苦しくなく痛快。従軍慰安婦、尖閣、竹島など、あまり触れられない話題をスパッと斬っています。動画も見てみよう。

  • イーダ さん

    YouTubeですっかり有名になったテキサス親父が日本を貶めようとする言論や行動を切り捨てる!読んでて爽快ですらあります。日本を後ろ向きにさせようとするマスコミなどに惑わされず日本に誇りを持とう‼それにしてもよく勉強してるなこの人。

  • Mik.Vicky さん

    感想は・・・やめとこう。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

トニー マラーノ

1949年生まれ。米テキサス州在住のイタリア系アメリカ人。サラリーマンを定年退職後、動画サイト「ユーチューブ」で連日、評論活動を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品