日本の文様ものがたり 京都「唐長」の唐紙で知る

トトアキヒコ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062197113
ISBN 10 : 4062197111
フォーマット
出版社
発行年月
2015年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
191p;15X15

内容詳細

目次 : 第1章 植物文様(若松/ 大竹 ほか)/ 第2章 風月万象文様(影雲/ 雪花散らし ほか)/ 第3章 動物文様(唐獅子/ 丸龍 ほか)/ 第4章 幾何学文様・その他(角つなぎ/ 南蛮七宝 ほか)

【著者紹介】
トトアキヒコ : 唐紙師。「唐長」の伝統を継承しつつ、現代アートとしての唐紙の世界を築き上げた、唐紙界の異端児。伝統的な襖や屏風のほか、壁紙やパネル、ランプなど現代の暮らしに合うさまざまな唐紙のオーダーをアトリエにて受け、制作。同時に、唐紙の芸術性を追究し、「しふく(Shifuku)刷り」をはじめとする独自の技法を用いたアート作品も手がけている。全国の寺社仏閣、公共・商業施設、個人邸宅など、さまざまな場所に作品を納め続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ふう さん

    美しい。シンプルで飽きの来ないデザインの勁さに魅せられる。江戸時代に彫られた版木が今も現役で使われている、すごい世界。和紙と和紙を染める色についても知りたかった。

  • ちびのミイ さん

    研ぎ澄まされた、伝統的な文様は、いつの時代にも通用する洗練されたデザイン。 配色を変えれば、現代モダンアートにも見えてきます。写真集として、アートブックとして、テキスタイルデザインのカタログとして、手元において眺めたくなる美しい本です。

  • RicoUri2 さん

    日本の自然を表す文様を彫った版木の写真なども組み合わせた配置デザインがされていて大好きです。いつでも眺められるよう傍に置いておきたい本ですが、図書館で度々借りています。

  • 雨月 さん

    模様にある意味、込められた想い。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品