オレ、おおきくなるのいや

デヴ・ペティ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784896378665
ISBN 10 : 4896378660
フォーマット
発行年月
2019年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
27X27

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • keroppi さん

    「オレ、カエルやめるや」のシリーズ。子供のカエルくん🐸、大きくなるのがイヤみたいだけど、大きくなるのもいいもんだよ。大人になったら、大人の楽しみだっていっぱいあるんだから。カエルの子供だったらオタマジャクシじゃないのと突っ込んだりしないで。

  • クリママ さん

    「オレ、カエルやめるや」の3作目。かくれんぼするときのゾウの苦労はわかるけど、大きくなりたくない理由づけはちょっと弱いな。「オレ、カエルやめるや」ほどのインパクトはなかったかな。

  • たまきら さん

    毎度毎度この子は本当に…。おばちゃんが母親だったらムッとするだろうけど、この親御さんったら気が長くてすごいのよ。娘さんは楽しんだ模様です。あなたのお父さんも気が長いからよかったねえ。

  • たーちゃん さん

    大きくなりたくないと突然言い出したカエルくん。結局は大人になったら遊べないと思ったからなのかもね。大人だって遊べるよー!(笑)

  • kanata さん

    シリーズもの。「大きくならなければ窮屈じゃないし、そっちのがいいよ!」というカエルの子。大人になんかなりたくないという主張ではなく、あくまで身長よりの話(間接的には成長ぜんたいがテーマなんだろう)。「お父さんのように足が長くならないと困るよ」と諭す父に「体の大きな友だち(ゾウ)がいるもん!」と来た。しかも「大きくなったらかくれんぼに不利だよ!」とも。わたしもちょっとこんな子どもだったなあ…。カエルの子のお父さんも、自分の子どもの頃のことと引き合わせた説教などはしなくて、いつも自由にさせている。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

デヴ・ペティ

作家。映画の特殊効果の世界で活躍したのち、絵本作家デビューも果たした。サンフランシスコのベイエリアで夫と娘と暮らしている

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品