デイヴィド・ターナー

人物・団体ページへ

やぶにらみ 鳥たちの博物誌 鳥とりどりの生活と文化

デイヴィド・ターナー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784865820089
ISBN 10 : 4865820086
フォーマット
出版社
発行年月
2015年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
375p;20

内容詳細

ある時は神として崇拝され、またある時は悪魔の手先として非難され、鳥たちはわたしたち人間の歴史にいつも深くかかわりあってきた。鳥類学上の知見に加え、文学・絵画・音楽・大衆文化などの該博な知識を縦横に駆使して、鳥たちが、地球の歴史と文化に果たした驚くべき役割と、鳥にとりつかれた人間の数奇な人生を、軽妙でひねりを効かせた文章で語りつくす。

目次 : 1 飛べない鳥/ 2 海鳥/ 3 猛禽/ 4 水鳥/ 5 猟鳥/ 6 歌う鳥/ 7 木に止まるその他の鳥/ 8 無所属の鳥

【著者紹介】
デイヴィド・ターナー : ロンドンをベースに、Financial Timesやロイター通信などに寄稿してきたライター。世界を股にかけてのバードウォッチングを、そしてケンブリッジ大学で歴史学の学位を取得するまでマンウォッチングを続け、ジャーナリストの道へ。英国鳥類学協会のヴォランティアの会員

別宮貞徳 : 1927年、東京に生まれる。東京大学理学部動物学科入学。在学中聖職者を志すにいたり、東京カトリック神学院に渡る。2年半ばで体調を崩し休学。上智大学英文科に渡る。同大学文学部教授を経て、現在、翻訳家、エッセイスト(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • あつだい さん

    博物館に書いてありそうなウンチクがまとめられた一冊。一匹の鳥について数ページしか書いていないし、その鳥の基本的情報が書いていないので、鳥図鑑と一緒に読むのがいい。というかそうじゃないとどんな鳥かがよくわからない。

  • 竜玄葉潤 さん

    文書として面白いのだが、鳥のことを知りたいと思って読むなら、ネットか図鑑が必須。扱った鳥からすると、この作者は日本に何回か来てるのかな?

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

デイヴィド・ターナー

ロンドンをベースに、Financial Timesやロイター通信などに寄稿してきたライター。世界を股にかけてのバードウォッチングを、そしてケンブリッジ大学で歴史学の学位を取得するまでマンウォッチングを続け、ジャーナリストの道へ。英国鳥類学協会のヴォランティアの会員

プロフィール詳細へ

物理・科学・医学 に関連する商品情報

おすすめの商品