デイヴィッド・エヴァニアー

人物・団体ページへ

Woody ウディ

デイヴィッド・エヴァニアー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784873764436
ISBN 10 : 4873764432
フォーマット
出版社
発行年月
2017年04月
日本
追加情報
:
537p;22

内容詳細

5月5日に 最新作「カフェ・ソサエティ」が公開、プライベートな話題でも世を賑わし続けているウディ・アレンの最新評伝です。

ウディ・アレンがいかにして映画界に入り、俳優、脚本家、を経て監督、そしてメジャーヒットを生み出すまでに至ったかをたどる前半にはじまり、後半では、結婚や養女とのスキャンダル事件といった私生活面、そして映画に挑戦し続ける現在のウディ・アレンまでを描いています。

また、これまで一切コメントをしていなかったアレンの最初の妻 ハーレン・ローゼンのインタビューも収録。

ウディ・アレンを知る上で、現在における最良の1冊となっています。

※著者のデイヴィッド・エヴァニアーは、New York TimesやThe Paris Reviewsなどに寄稿しているジャーナリストです。

【著者紹介】
デイヴィッド・エヴァニアー : 1947年生まれのニューヨーク在住の小説家、評伝作家。文芸誌『パリ・レビュー』の編集者を経て、自身も小説を書くようになり、アガ・カーン賞、マクギネス・リッチー賞等を受賞

大森さわこ : 映画ジャーナリスト・評論家。80年代より映画の評論、インタビュー、翻訳などを手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Takeya さん

    ミッドナイト・イン・パリ (2011) ウディが真夜中のパリに魔法をかけた! おとぎ話の世界へトリップさせるロマンティック・コメディ。ハリウッドの脚本家ギルは婚約者とその両親と共に憧れのパリに滞在中。そんな彼がある夜、0時を告げる鐘の音に導かれて迷い込んだ先は芸術花開く1920年代だった! これは夢か幻かと驚くギルの前に偉人を名乗る面々と妖艶な美女アドリアナが現れて・・◆ヘミングウェイ、フィッツジェラルド、ピカソ、ダリ、ルイス・ブニュエル、ロートレック、ゴーギャンらの偉人キャラクターが続々登場。

  • naoudo さん

    マイ・ウェイを貫き通すブルックリン生まれのユダヤ人。コメディアン、映画監督。編集で生まれ変わった『泥棒野郎』ラルフ・ローゼンブラム 「マルクス兄弟のような高みに達しているところと雑に作り上げたホームムービーのようなところがめちゃくちゃに詰め込まれていた」「すごく愉快な部分がたくさん入っていて、斬新」「手つかずの場面が残っている」アレンはエゴをむきだしにして、批判の言葉にさからうような性格ではなく、ローゼンブラムの提案も素直に受け入れた。彼はそんなアレンの「プロイセン人のように厳しい修行精神」に打たれた。

  • しゃありん さん

    よくある全作品ガイド的な情報網羅誌というよりは、好きな作品について好きなように語っていたら自然と膨大な資料になった、って感じの一冊。劇中のウディアレンはペルソナという筋を幹にして、彼への愛がいくつも枝分かれしていく。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品