デイビッド・リッチフィールド

人物・団体ページへ

クマと森のピアノ ポプラせかいの絵本

デイビッド・リッチフィールド

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784591155080
ISBN 10 : 4591155080
フォーマット
出版社
発行年月
2017年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
俵万智 ,  
追加情報
:
40p;31

内容詳細

ある日、森のなかで、こぐまのブラウンは、へんてこなものを見つけました。そーっと、さわってみるとそれは…。夢をかなえること、そして大切な友だちとのつながりを描いた心あたたまる物語。2016年ウォーターストーンズ児童書賞(絵本部門)受賞作。

【著者紹介】
デイビッド・リッチフィールド : イラストレーター。イギリスのベッドフォードシャー生まれ。幼少期から絵を描き始める。雑誌・新聞の挿絵や装画、Tシャツのイラストなどを手がける。『クマと森のピアノ』でデビューし、2016年にウォーターストーンズ児童書賞(絵本部門)を受賞

俵万智 : 歌人。大阪府門真市生まれ。早稲田大学在学中に短歌を始める。第一歌集『サラダ記念日』(河出書房新社)で第32回現代歌人協会賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ままこ (美白ベビーバージョン(*ΦωΦ*)/) さん

    ポロンポロン♬表紙のピアノを弾くクマの表情が良い。こぐまの頃森で見つけたピアノ。素敵な音に導かれここじゃないどこかへ行ってみたいと思うようになる。森を出て街でピアニストとして成功するのだけれど…。温かく優しさに包まれた絵本だった。

  • yanae さん

    お気に入りさんのレビューを読んで手にした絵本♡素敵な絵を描くデイビットさんはこれがデビュー作のよう。そして、訳が俵万智さん〜♡素敵すぎる。森でふしぎなものを見つけた熊のブラウン。さわってみると素敵な音が。ピアノとの出会い、町での成功、そしてかけがえのない仲間たち。最後はうるうるしました。素敵な絵本でした♡

  • たまきら さん

    ピアノを習いたいオタマさんに。読み友さんから。優しい眼差しのくまのピアニストと、その音楽を愛する様々な存在が愛しいお話です。ドキドキする後半、やさしい見開きページをオタマさんが「まだめくらないで」と余韻を楽しんでいました。やさしい、温かい気持ちになる絵本です。

  • マグ@🎉きなこパワハラ生誕祭🎉 さん

    悲しい時に一緒に悲しんであげるよりも、成功した時、嬉しい時に一緒に喜んであげる方が難しいんだよね。心から喜べる友はかけがえのない財産だ。

  • niko-08 さん

    俵万智さんの訳という事で手に取りました。素敵なお話です。絵も温かみのある絵です。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品