デイビッド・シャノン

人物・団体ページへ

デイビッドがっこうへいく 児童図書館・絵本の部屋

デイビッド・シャノン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784566007192
ISBN 10 : 4566007197
フォーマット
出版社
発行年月
2001年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
29cm,1冊

内容詳細

やんちゃなデイビッドは、学校でもしたいほうだい。とうとう先生は…。おそるべき子どもデイビッドの、ゆかいなシリーズ第2作。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • KAZOO さん

    デイビッドの続きの絵本です。この絵は子供用なのですが、私のような大人が見ても笑ってしまうところが結構あります。かぼちゃのお化けのような顔でしかもシュールな感じの絵があったりで楽しめました。頭がリラックスします。

  • パフちゃん@かのん変更 さん

    デイビッドシリーズ、これが2作目だったようです。学校へ行くようになったデイビッド、あいかわらずのびのびマイペースだから先生にいろいろ注意されます。ADHDなのかもしれません。ついには放課後バツ当番を言い渡されますが、みんなの机をピカピカに磨いてすっきり。先生とデイビッドの関係も大丈夫そうでよかった。

  • かおりんご さん

    読み聞かせ(353)読み聞かせ係さんによる読み聞かせ。この本の英語版を紹介したら、図書館で見つけてきてくれました。こういう子、いますね。私のセリフみたいだと思いながら、聞いてしまいました。

  • わむう さん

    児童に読み聞かせをすると大人気のデイビッドシリーズ。1作目はお家でママに叱られるデイビッドでしたが、今回の2作目は学校で先生に怒られるお話。読み聞かせをしたらもう一回読んで!の声が必ずあがります。

  • ヒラP@ehon.gohon さん

    息子の小学校低学年時代に、確かにクラスに何人か多動児がいて、担任の先生を困らせていることを聞いていました。 この絵本は極端かもしれないけれど、成長するにしたがって治まっていく子、障害がわかって転校する子、様々だったように思います。 先生も大変だけど、ありのまま受け入れたところが素晴らしいと思います。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

デイビッド・シャノン

アメリカの絵本作家。ワシントン州スポーケンで育つ。大人気のデイビッド・シリーズなどの作品がある

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品