ディック・ブルーナ

人物・団体ページへ

うさこちゃんとたれみみくん

ディック・ブルーナ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784834023176
ISBN 10 : 4834023176
フォーマット
出版社
発行年月
2010年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
17×17cm,28p

内容詳細

片耳のたれている転校生が来た。『うさこちゃんのてんと』『うさこちゃんびじゅつかんへいく』同時刊。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • はるき さん

    子供の無垢な眼差しに頭が下がります。心洗われるようでした。

  • 手を洗う♪みどりpiyopiyo♪ さん

    「うさこちゃんの くらすに、あたらしい おとこのこが はいってくることに なりました。どんな こでしょう?」■ブルーナさんは、子供たちの戸惑いに寄り添うお話を幾つもかいてくれてます。障害のある子を描くにあたっては、両方より片方の耳が垂れてる方が「大変な事が起きている」と伝わると考えたそうです。障害というものの本質を掴んでいると思います。そして無自覚な差別の芽も。■親しくなって、相手を思い、行動に移すうさこちゃん。みんなに言ってみてよかったね♪ (2006年)福音館書店、松岡享子さん訳。

  • 藤月はな(灯れ松明の火) さん

    ちゃんとだーん君の気持ちを汲んだ上でクラスの皆に呼びかけるうさこちゃん、いい子やな。私が気になったのは先生。先生も善意で「ちょっと変わっている」と言ったんだろうけど、それが逆に意識して仲間外れにしている可能性を産むことがあるのは気づいているのだろうか?ところでだーん君が知っているお話はどんなに面白いんだとちょっとそわそわしてしまいます。

  • わむう さん

    転校生の男の子は片方の耳が折れているため「たれみみくん」とあだ名をつけられていしまう。ミッフィーちゃんは、彼は、そんなあだ名で呼ばれるのは嫌だろうとクラスメイトたちに「明日からちゃんとタくんって名前で呼ぼう」と呼びかける。ミッフィーちゃんって、ほんわかしたお話ばかりかと思っていたら道徳的なお話もあるんだなと初めて知りました。

  • Naomi さん

    ミクシィニュースの中で、こちらの絵本も紹介されていて気になったので、読んでみました。片耳がたれていて、クラスメイトから「たれみみくん」と呼ばれる「だーん」。 うさこちゃんは、「だーん」の気持ちをちゃんと聞いて、クラスメイトにも話してして、えらいなぁと思いました。友だちをからかうのはよくないよって、優しい言葉で伝えてくれる絵本でした。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド