ディック・ブルーナ

人物・団体ページへ

うさこちゃんとうみ

ディック・ブルーナ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784834000221
ISBN 10 : 4834000222
フォーマット
出版社
発行年月
2010年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
17×17cm,28p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 藤月はな(灯れ松明の火) さん

    司書課程の児童サービス論の授業で人生の中で最高に愉快な先生が紹介してくださった本。原色とシンプルな線で描かれたディック・ブルーナーの世界は何度、読んでも心が安らぎます。先生はうさこちゃん(ミッフィー)の意見を尊重するふわふわさんの言葉を読み聞かせた後に日本のお父さんのよくある言葉(「今日は海に連れているから早く、支度しなさい」などの忙しなく、押し付けがましささえある言葉)を行った時、思わず、「あるある」と頷いてしまいました。海で思いっきり、遊んで押し車の中で寝ちゃううさこちゃんが微笑ましいです。

  • 手を洗う♪みどりpiyopiyo♪ さん

    ある日 うさこちゃんは、とうさんの ふわふわさん と一緒に海に行きます♪ ■ふわふわさんが うさこちゃんを誘う台詞が大好きです。このお父さん いつも、ウィットに富んだ いかにも ちいさな子供が興味をそそられそうな誘い方をするのです。海辺の景色や、水着やバケツもかわいくて♡ ■物語のおしまいには いつもの、あそびつかれて安心してすやすや眠るうさこちゃんなのでした(ღ′◡‵) (1963年)福音館書店、いしいももこさん訳。

  • 星落秋風五丈原 さん

    本作はミッフィー第一作ではなく、少し大きくなってからだ。おとうさんに車を引いてもらって海に行き、貝ひろい、水遊び、砂山作りと様々な冒険をする。そして遊び疲れた後、眠っているうさこちゃんの姿で終わる。起承転結がしっかりしていて、最後には必ずハッピーエンドになるストーリーの単純性と、イラストの分かり易さに惹かれた。うさこちゃんたちは殆ど正面を向いている。「キャラクターたちはいつも、本と向き合っているあなたのことを見ている」という、ブルーナの深い愛情がこもっている。

  • たーちゃん さん

    うさこちゃんはお父さんに連れられて海に行きます。まだ海に行ったことのない息子は興味深そうに見ていました。

  • コロナウィルスに怯える雨巫女。 さん

    うさこちゃんのおとうさんの名前ふわふわさんってびっくり

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ディック・ブルーナ

1927年、オランダ・ユトレヒト生まれ。絵本作家・グラフィックデザイナーとして世界的に活躍。そのあたたかみのある手描きの線、鮮やかな色使い、見る者の想像力に訴えるシンプルで大胆な構成の作品で、世界中の子どもから大人まで幅広く愛されている。また絵本創作以外にもユニセフ、赤十字や「WORLD PEACE

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド