ディック・キング・スミス

人物・団体ページへ

ソフィーとカタツムリ 児童図書館・文学の部屋

ディック・キング・スミス

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784566013308
ISBN 10 : 4566013308
フォーマット
出版社
発行年月
2004年09月
日本
追加情報
:
21cm,122p

内容詳細

ソフィーは動物が大好きで、小さいながら一度決めたらやり抜く、しっかり者の女の子。そして自分の農場を持つという夢も持っている。ある日、庭で黄色い小さなカタツムリを見つけたソフィーは…。

【著者紹介】
ディック・キング=スミス : 1922年、イギリスのグロスターシャー生まれ。第二次世界大戦にイギリス陸軍の将校として従軍し、戦後は長い間、農業に従事。50歳を過ぎてから教育学の学位を取り、小学校の教師となる。その頃から童話を発表しはじめ、60歳になった1982年以後は執筆活動に専念している。主な邦訳作品に、ガーディアン賞受賞の『子ブタ シープピッグ』などがある

デイヴィッド・パーキンズ : イギリスのイラストレーター

石随じゅん : 1951年、横浜市生まれ。明治大学文学部卒業。公立図書館に勤務ののち、主に児童文学の翻訳に携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • みつばちい さん

    勤務先にあったけど未読でした。もったいないことをしてた‼️すごく面白かった🤣 生き物大好き、やると決めたらやる四歳の女の子ソフィー。双子のお兄ちゃんたちと始めたカタツムリレース、お兄ちゃんは飽きていなくなっても30分もレースを見守るし、近所の気に食わない女の子のポニー踏み潰すし(でも、その行動には訳があるのですが)可愛げのなさも愛しくて大好きになりました!続編も明日読もう✨ 絵が可愛らしくはないので、ほとんど読まれてません。明日から推していきます!

  • おはなし会 芽ぶっく  さん

    小さい頃は普通に触っていた小さな生き物たち。いつの間にか怖い、気持ち悪い、に変わってしまっていた自分。忘れていたワクワクな好奇心を思い出しました。

  • おはなし会 芽ぶっく  さん

    4年生のブックトーク授業で『ソフィーと黒ネコ』 https://bookmeter.com/books/628066 と一緒に紹介。

  • ヴェルナーの日記 さん

    著者のソフィー・シリーズの第1作目に当たる作品。主人公ソフィーは、「自分で決めたことを、きっとやりぬく子」とは、両親の言葉(これを世間一般では親バカというのでは……)。そんな彼女の将来の夢は『女牧場マン』になることだという……(そのためのブタの貯金箱も用意している)どんなことでも興味を持ち、ソフィーらしく、真摯に接していく姿は、とても微笑ましい姿がよく描けている作品である。

  • 縄文会議 さん

    自分できめたことをやりぬく4歳の女の子ソフィーのお話。カタツムリを洗面所に流してしまうとかありそう!ダンゴムシの牧場を作ったり、いわゆる女の子らしい女の子ではないソフィーがかっこよい。近所の子ドーンのポニーをたたきつぶすところは痛快。物語としてオチが説明なかったりするので、読んで理解できるのは小3以上かな?本の体裁も振りがな少なめで4歳の子が主人公だけど低学年には難しい。読んであげたら二年生の子は楽しんでいた。説明を補足すればいける感じでした。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品