ツヴェタン・トドロフ

人物・団体ページへ

バンジャマン・コンスタン 民主主義への情熱 叢書・ウニベルシタス

ツヴェタン・トドロフ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784588007804
ISBN 10 : 4588007807
フォーマット
出版社
発行年月
2003年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
小野潮 ,  
追加情報
:
20cm,234p

内容詳細

フランス革命後の激動期に“近代の誕生”に立ち会い、モンテスキューやルソーの人間主義を継承しつつ自由と民主主義をめぐる思索を深め、その思想と行動を通じて近代の病理への最初の批判者となった思想家の知られざる全体像を描き出す。

目次 : コンスタンの捉え難さ/ 複数の性格を備えた書物/ 自由主義的民主主義/ 「個人の時代」/ 歴史的決定論と本質主義/ 利害の支配?/ 政治参加/ 「人間の心のみじめさ」/ 愛を生きる/ 「二重の、そして謎に満ちた存在」/ 人間の交流の解剖学/ 宗教と道徳/ 同情/ 三編の物語/ 道徳と真実

【著者紹介】
ツヴェタン・トドロフ : 1939年、ブルガリアに生まれる。ロラン・バルトの指導のもとに『小説の記号学』(67)を著して構造主義的文学批評の先駆をなす。91年、『歴史のモラル』でルソー賞を受賞。現在、国立科学研究所(CNRS)の芸術・言語研究センターで指導的立場にある

小野潮 : 1955年宮城県に生まれる。東北大学大学院博士課程単位取得修了。現在中央大学文学部教授。19世紀フランス文学専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ツヴェタン・トドロフ

1939年ブルガリア、ソフィア生まれ、2017年パリで死去。当初構造主義的文学理論家として出発したが、1980年代から他者、全体主義体制における人間の精神生活、善悪二元論といった問題に関心を寄せるようになり、作家論、美術論、現代社会論といった幅広い領域で活発な執筆活動をおこなっている

プロフィール詳細へ

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品