ピーナッツ エッセンス 5 その調子で

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784835452609
ISBN 10 : 4835452607
フォーマット
出版社
発行年月
2015年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
シリーズ
:
追加情報
:
141p;18

内容詳細

"スヌーピーコミックのイチオシがギュッと詰まった傑作選!

今年65周年を迎え、冬には3D映画公開も控えた大人気コミック『PEANUTS』。
その傑作選である『ピーナッツ エッセンス』が、全15巻でついに復刊!

作者シュルツ氏が米国漫画家協会のリューベン賞を受賞した1955年から、60年代、70年代、80年代の作品を掲載した『SNOOPY BOOKS』全86巻から、イチオシ作品を選出。時代とともに変わっていくスヌーピーたちの姿が見られます。谷川俊太郎先生によるテンポの良い日本語訳とともに、スヌーピーたちのエッセンスがギュッと詰まった傑作選です。

☆☆☆本書の特長☆☆☆
◎読みやすい日本語訳文の吹き出し
このシリーズでは英語原文を欄外に併記して、日本語訳文を吹き出しの中に収録。日本語でコミックを気軽に楽しむことも、原文で理解を深めることも、スヌーピーたちの世界をより深く楽しめます。

◎たっぷり1,900作品以上のピーナッツコミックに出会えるシリーズ!
巻頭カラーページやサンデー版も収録! 
コミック約30年分からの厳選作品を掲載。スヌーピーが愛くるしい子犬だった初期のころから、次第にユーモラスで人間らしいおなじみのスヌーピーへと変身していく様子がよくわかる作品たちです。"

【著者紹介】
チャールズ・M・シュルツ : 1922年、アメリカ・ミネソタ州に生まれる。1950年10月2日に「ピーナッツ」のタイトルで新聞連載が始まる。1983年カリフォルニアのナッツベリー・ファームにキャンプ・スヌーピー開設。1999年「ピーナッツ」の掲載紙数が全世界で2600紙にのぼる。2000年2月12日、自宅で永眠。翌13日に最後の日曜版コミックが全世界の新聞に掲載された

谷川俊太郎 : 1931年、東京に生まれる。詩人。1952年に『二十億光年の孤独』を刊行して以来、常に現代詩の最先端を歩み続けている。他にも翻訳、作詞、脚本、エッセイなどの幅広い分野で活躍。1967年頃から「ピーナッツ」の翻訳を手がけ続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • スローリーダー さん

    子供の頃読んで何が面白いのか分からなかった。それでも他愛ない会話で2頭身の外国の子供たちがワイワイ言っている漫画のスタイルには何となく惹かれた。今見直してみると、描かれた時代のアメリカの社会背景は無視しても、一区切り毎に哲学的な感想が頭に浮かんできて、面白さがつかめるようになった。

  • ぬ(ぬ) さん

    図書館より。人生哲学の本。成る程、心配するのは1日に一回分か……前向きな気持ちになるなぁ。(←読み間違え) ヴァンペルト家お引越しシリーズのシュローダーの反応、イイよねコレ……すごくいい奴だよコイツ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品