きっと大丈夫と思えるスヌーピー 祥伝社新書

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784396114435
ISBN 10 : 4396114435
フォーマット
出版社
発行年月
2015年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
シリーズ
:
追加情報
:
218p;18

内容詳細

一見、とても愛らしいスヌーピーやピーナッツのキャラクターたち。しかし、彼らは常にハッピーというわけではありません。私たち同様、うまくいかないときもあれば、落ち込むときもあり、それぞれに悩んでいます。おまけに、両思いのキャラクターがひとりもいないのです。それでも彼らはなんだかんだ言って、前向きに生きています。そんな彼らの行動にクスッと笑ったり、哲学的なセリフになるほどとうなずいたり、明日も頑張ろうと勇気づけられたり…。

解説は、子供の頃からピーナッツ・コミックが大好きだったというエッセイストの酒井順子さん。「きっと大丈夫! 」と元気がもらえるピーナッツ選集です。

【著者紹介】
チャールズ・M・シュルツ : 1922年、アメリカ・ミネソタ州生まれ。漫画家。代表作『ピーナッツ』シリーズは50年間にわたり連載され、今も全世界にファンを持つ。1950年にアメリカの新聞7紙に『ピーナッツ』のタイトルで連載を開始、2000年に77歳で死去した翌日、最終回が掲載された。1984年には掲載紙は2000紙に達し、ギネスブックに認定された

谷川俊太郎 : 1931年、東京都生まれ。詩人。1967年頃から『ピーナッツ』シリーズの翻訳を手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Ayumi さん

    クスッと笑ってしまったり、ほのぼのした気持ちになったり、読み終わる頃には心が温かくなる、それがスヌーピーの魅力。みんな小さいのに一生懸命前向きでいろんなことを考えていて、見習わないとと思ってしまいます。それにしても、イヤな子のはずのルーシーから目が離せないのはなんでだろう。

  • 鐵太郎 さん

    何十年ぶりかのピーナツ本。いいなぁ。「チャーリーブラウンみたいな人が病気になって、おまけにちっともよくならないなんてこの世はいったいどうなってんの!?」──ああルーシー。そんなことをたまーに言うから、君が好きなんだよ。「チャーリー・ブラウンについてひとつ みとめざるをえないことは、彼にはまったく腹黒いところがないってことさ」──相変わらずの好漢ライナス。懐かしい。いつもの君たちに会えて嬉しいよ。

  • 明日香 さん

    初スヌーピー。 思った以上にキャラの関係性がシビアで笑ってしまった。 全員片思いなのが素敵。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品