むかしむかしあるところに子ヤギが 児童図書館・絵本の部屋

ダン・リチャーズ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784566080720
ISBN 10 : 4566080722
フォーマット
出版社
発行年月
2021年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
32p;29

内容詳細

むかしむかし、とってもたいせつにそだてられたおうさまとおうひさまがいました。ふたりはようせいに、「こどもがほしい」とおねがいしました。「どんなこどもでもいいんです」…すると、やってきたのは1ぴきの子ヤギでした。子ヤギのせわをするのってたいへんです!ぶじに、「かぞく」になれるでしょうか。

【著者紹介】
ダン・リチャーズ : アメリカの作家。ワシントン大学で、子どもの本の創作プログラムを学ぶ。The Problem With NOT Being Scared of Monstersという絵本でデビューし、その後も子どものための絵本や物語を執筆している

エリック・バークレー : アメリカの絵本作家。テキサス州在住

おがわひとみ : 英米の絵本を中心に翻訳家として活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ヒラP@ehon.gohon さん

    赤ちゃんが欲しいと、王様と王妃様が妖精にお願いしたら、なんとやって来たのは子ヤギ。 がっかりした二人ですが、次第にわが子のように思えてきました。 意外性から始まって、良い話だと思っていたら、想像していなかったどんでん返し。 やっぱりねと、温かい結末に安堵しました。

  • おはなし会 芽ぶっく  さん

    子どもが欲しい王さまと王妃にやってきたのは子ヤギ!それでも可愛がりハッピーエンドな話なのですが…。子どもが欲しいと思っている二人の次のページが不可解。「でも、どこにおくのかね?」「だんろのうえでは?」「それとも、にわのバラえんのよことか」「まあ、そうね。かんぺきよ」との会話。これって赤ちゃんに対しての会話には思えない。子ヤギがくること前提?でもだんろのうえはないでしょう?ものすごくもやもやしています。

  • あおい さん

    王様と王妃様が子供が欲しいと妖精にお願いをしたところやってきたのは子ヤギ。最初は戸惑う二人だけれど世話をするうちに可愛くなってきて…妖精さんったら。

  • mntmt さん

    まさしく、「なんてこと」、である。

  • みよちゃん さん

    子どもが欲しい王様と王妃様。グリムの「 ろばのおうじ 」と出だしは同じ。けれど子ヤギの方は家族に大切にされ、ろばの方は無関心な親から独立していくという成長物語、或いは自分を愛してくれる人を探す旅。子ヤギの方が楽しめるが、ロバの王子の方が、バーバラクーニーの絵で好みです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ダン・リチャーズ

アメリカの作家。ワシントン大学で、子どもの本の創作プログラムを学ぶ。The Problem With NOT Being Scared of Monstersという絵本でデビューし、その後も子どものための絵本や物語を執筆している

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品