神曲 地獄篇 須賀敦子の本棚

ダンテ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309619910
ISBN 10 : 4309619916
フォーマット
出版社
発行年月
2018年06月
日本
追加情報
:
465p;20

内容詳細

須賀と愛弟子の共同作業が結実した画期的な新訳版。驚くべき新解釈満載!

【著者紹介】
ダンテ・アリギエーリ : 1265‐1321。ルネサンスをもたらしたフィレンツェ出身の詩人(イタリア語で著述)・学者(ラテン語で著述)。『神曲』、『抒情詩集』などの作品がある

須賀敦子 : 1929年兵庫県生まれ。聖心女子大学卒業。53年よりパリ、ローマに留学、その後ミラノに在住。71年帰国後、慶應義塾大学で文学博士号取得、上智大学比較文化学部教授を務める。91年『ミラノ霧の風景』で講談社エッセイ賞、女流文学賞を受賞。98年逝去

藤谷道夫 : 1958年広島県生まれ。慶應義塾大学仏文科卒業。筑波大学大学院博士課程文芸・言語研究科文学専攻単位取得満期退学。学部・大学院時代の5年間、須賀敦子から個人的に『神曲』を学ぶ。須賀からフィレンツェを勧められてイタリア政府給費留学生としてフィレンツェ大学に留学。この留学がダンテのフィレンツェ方言の理解に大きな助けとなる。現、慶應義塾大学文学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • KAZOO さん

    池澤さんが監修されて、須賀敦子の本棚ということで全9巻の海外作家の作品集が出ることになりました。これはその第一弾ということで、ダンテの神曲が一部ですが取り上げられています。注釈が半端ではなくかなり研究書のような感じを呈しています。共訳者の藤谷さんが須賀さんに古イタリア語を習ったことが書かれてもいます。他の作品集も楽しみです。

  • ヘラジカ さん

    現在は既訳が文庫本で安価に手に入るため、初めて神曲を読む人がこちらに触れることがまずなさそうなのが惜しまれる。

  • なおこっか さん

    『神曲』難しいのではという先入観は手厚い解説のお陰で粉微塵。八犬伝を聖書になぞらえた鴎外が日本に紹介した神曲は、八犬伝にも通じる面白さ。創造された世界で繰り広げられるスペクタクル、しかも個人的に大好きなギリシャ神話世界が古典と共に、ダンテによってどの様にキリスト教世界に受容されていくかが明らかになり高揚する。罰は悪魔が手を下さずとも人間同士がエゴを剥き出すことで互いへの罰になり、罪が重ければ重い程に人間性が剥奪される地獄世界は、本当に良く作り込まれている。詩としての構成も異様に完璧。

  • 駒子 さん

    第十七歌までしか載っていないと知っていたけど、須賀敦子さんの訳ということに惹かれて初めて『神曲』を読んだ。敷居が高いイメージだったし、たぶん全て理解はしていないのだけど、ものすごく面白くてびっくり。解説が非常にわかりやすく、考察も興味深い。訳も良くてするする頭に入ってくる感じ。続きが読みたい……。

  • ha さん

    藤谷道夫氏による深い洞察と丁寧な注釈、須賀敦子氏自身の綺麗な文体で描かれた神曲。重厚への圧倒に歓楽を覚えた 続きは何を読めば良いのか…

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品