アラビア科学の歴史 「知の再発見」双書

ダニエル・ジャカール

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784422211916
ISBN 10 : 4422211919
フォーマット
出版社
発行年月
2006年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
18cm,142p

内容詳細

9〜15世紀のイスラム文明が、科学全般において高い水準であったことがわかってきた。本書はそのイスラム文化を科学の面からアプローチ。豊富な図版でアラビア科学の時代におけるイスラム文化の水準の高さを証明。

【著者紹介】
ダニエル・ジャカール : 高等研究院の指導教授で、中世科学史を教えている。ラテン語学者でアラビア研究家でもあり、科学的知識を文化的な枠組みのなかでとらえなおすことに力を注いでいる

吉村作治 : 1943年東京都生まれ。エジプト考古学者。早稲田大学客員教授(工学博士)。1966年アジア初のエジプト調査隊を組織し現地に赴いて以来40年にわたり発掘調査を継続。数々の発見により国際的評価を得る。2005年1月「未盗掘・完全ミイラ」を発見し世界の注目を浴びる。2006年7月から、ミイラマスクを含む、40年間の発掘成果を日本全国で巡回展示中

遠藤ゆかり : 1971年生まれ。上智大学文学部フランス文学科卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • KAZOO さん

    このシリーズは色彩豊かな絵が多く楽しめます。ただ内容は結構程度が高く理解するのにはじっくり読む必要があると感じています。この本を読んでいるとかなり昔はアラビアにおいては数学も進んでいたので科学、天体観測などにもりようできていたということなのでしょう。

  • 姉勤 さん

    モスクの均整のとれた美しさや、モザイクの幾何学模様。湾曲したナイフとターバンのある意味野蛮なイメージが強いアラビアの印象を覆す本書。ヨーロッパの暗黒時代の最中、9世紀から15世紀にかけて中東で発達した、数学、天文学、医学、薬学、哲学。それらは現代の科学文明に繋がり、ヨーロッパでは途絶えたギリシャ文明を継承、発展させたものだった。ギリシャに限らずイスラム化したインドからも翻訳輸入し、ゼロを始め、アラビア数字がスタンダードな数学がそれの証左となっている。ルネサンスは、つまるところアラビア科学のリバイバル。

  • クロライナ さん

    イスラム世界の科学史を辿る、アストロラーベ等の精密機械や資料がカラー絵で挿入されており興味深い。ギリシャ科学から更に自然への働きかけを強め独自の発展を遂げたイスラム科学はやがて衰退しつつも西欧世界へ引き継がれ近代科学の基礎となる。 イスラム世界の中心は時にバグダードであったりイスファハン、サマルカンドであったりと激しく変動しつつも学問の発展は途切れることなく、世界共通語としてのアラビア語の果たした役割やそれに従事した異端キリスト教徒、ペルシャ、ユダヤ人等の活躍が光る。

  • 太鼓 さん

    アラビア世界の科学史。当然日本とは違う発展の仕方をしているので、違えば違うほど面白い。別の地域の同じような本も読んでみたい。

  • Emi Jinguji さん

    古代ギリシャで生まれた哲学や科学の流れはローマ帝国崩壊後ヨーロッパでは断絶してしまう。その後継者として書物=知識を継承し発展させたのはアラビア文化圏だった。やがてアラビア語→ラテン語への翻訳でヨーロッパに伝えられ、ルネッサンスそして科学の近代化の成立へと繋がってゆく。古代ギリシャ人の生み出した合理的精神が宗教によって葬られ、やがて再発見されるまでの道のりは長かった。そのバトンを受け渡す重要な担い手になったアラビア文化、イスラム文化の存在は大きい。アストロラべ、ジャイブル天文台等、カラー図版も多くて楽しい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

物理・科学・医学 に関連する商品情報

おすすめの商品