ほとんど無害 河出文庫

ダクラス アダムス

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309462769
ISBN 10 : 4309462766
フォーマット
出版社
発行年月
2006年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
15cm,371p

内容詳細

突拍子もない事故で、最愛の女性と離ればなれになったアーサー。放浪の末、サンドイッチ職人としての平安な人生を手に入れるも、突然トリリアンが彼の娘を連れて現れる。一方フォードは、銀河ヒッチハイク・ガイド社の異変に疑問を抱き…。並行宇宙を舞台に繰り広げられる、大傑作SFコメディ最終巻。

【著者紹介】
ダグラス・アダムス : 1952‐2001年。英国ケンブリッジ生まれ。1978年BBCラジオドラマ「銀河ヒッチハイク・ガイド」脚本を執筆。翌年、この脚本のノヴェライズがベストセラーとなる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Tetchy さん

    ナンセンスな装置と物語展開、そして並行宇宙を利用した重層的な仕掛けがきちんとなされ、単に筆を滑らせて書かれた作品ではないが、こんな結末になろうとは残念でならない。片や「最高傑作」、片や「シリーズ最低最悪の作品」と本書の世評は賛否両論真っ二つに分かれたようだ。私も傑作とまではいかないまでも物語の結末に非常に納得のいかない思いが残っている。特に前作で鮮烈な印象を残したアーサーの恋人フェンチャーチがたった1行で退場したのが非常に残念だ。前作が個人的には最も楽しかった作品だっただけに彼女の不在はなんとも心残りだ。

  • 花乃雪音 さん

    『銀河ヒッチハイクガイド』5作目。前作のラブストーリーもそうだったが本作のシリアスな展開も『銀河ヒッチハイクガイド』に求めているおバカさと方向性が違うように思える。本作も全く別タイトルであったら評価が変わるかもしてない、というよく耳にするタイプの作品でした。

  • たみ さん

    銀河ヒッチハイク・ガイドシリーズ全5巻これにて完結。衝撃と達成感と寂しさにしみじみしながらグーグルで「生命、宇宙、その他もろもろの回答」を入力して出てきた検索結果に猛烈に嬉しくなった。アーサーやフォードが今でもどこかで噛み合わない漫才をしているような、作品が現実に食い込んできたかのような…、妙な錯覚に浸ることができた。たまたま知らないで偶然に検索しちゃった人はびっくりするだろうなあ。ネタにもなるので未読でもおためしあれ!

  • かとめくん さん

    読み終わってしまった「銀河ヒッチハイクガイド」シリーズ。しかも最後の最後、こんな終わり方ってあり?若くしてお亡くなりになった作者から続編が届くことはないわけだし、改めて「あ〜おもしろかった。」と「もっと読みたかった。」そして登場人物の皆さんとデントの腕時計に(こんな結末にはなってしまいましたが)幸あれと願います。

  • naonchi さん

    やっと読み終わりました5作目。賛否両論あるけれど、作品としての読み易さは一番。若かりし頃の何でもアリな展開とは違って、滅茶苦茶さは皆無。作家としての年代記のように思えてそれはそれで面白いんじゃあないのか、と・・・。『故障の可能性があるものと、絶対に故障しないものとの大きな違いは、絶対に故障しないものが故障した時は、側に近づくことも修理することもたいていは不可能ということ』━ダグラスさん、これって原発の事ですか?相変わらず示唆に富む珠玉の言葉の数々。これでやっと「新銀河・・・」が読めます(涙)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品