ソール・ライター財団

人物・団体ページへ

永遠のソール・ライター

ソール・ライター財団

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784096823255
ISBN 10 : 4096823252
フォーマット
出版社
発行年月
2020年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
312p;22

内容詳細

NYが生んだ伝説の写真家が見た世界

「カラー写真のパイオニア」、写真家ソール・ライター。NYの日常風景を天性の色彩感覚と構図で切り取ったスナップ写真は、世界中に驚きと賞賛をもって受け止められ、2017年に日本で開催された作品展も大成功を収めました。
本書では、世界初公開となる豊富なスナップ写真群と、セルフポートレート、最愛の妹や女性のポートレートを収録。ライターが暮らしたニューヨークの街並みへの優しい視線、身近な人に向ける親密なまなざしを、作品を通して感じることができる写真集です。
2020年1月より東京・Bunkamura ザ・ミュージアムで、4月より美術館「えき」KYOTOで開催される作品集の公式図録にもなっています。

【編集担当からのおすすめ情報】
ライターの妹デボラや、最愛のパートナー・ソームズのポートレートは、街のスナップとはまた違う親密さを感じます。ライターと言えばNYの街並みを写したスナップが有名ですが、ポートレート群にも注目です。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • R子 さん

    ソール・ライター展にて購入。彼の街の写真は、特別な場所に行って撮影されたわけではないし、事前の計画があってのものでもない。それなのに色彩や構図の切り取り方が巧みで惹きつけられるし、自然とドラマが立ち上がってくるように感じる。「いくつかの出来のよい作品は、近所で撮ったものだ。ストリートはバレエのようだ。何が起きるか誰にもわからない」という言葉が印象的。日常の中に発見があるんだな。『ソールライターのすべて』も欲しくなってしまうわ…。

  • 健 さん

    2017年の展覧会でソールライターを知った。何気ない写真だけど妙に心にしっくりと来たことを思い出し、再び開催された展覧会に出向いて、今回の展覧会用に製作された本を購入した。無意識に見ている日常風景だけど、その瞬間瞬間の美しさと刹那さを切り取って見せてくれる。そのことによって日常生活の愛おしさに気が付かせてくれる。そんな感じだ。

  • Bonnard さん

    渋谷のBunnkamuraで開催中の『永遠のソール・ライター展』に行った時に『ソール・ライターのすべて』と合わせて購入。期待をはるかに超える素晴らしい展覧会であった上に、この本は私とソール・ライターとの出会いをさらに深いものへと導いてくれた。写真と共に時おり挿入される短い言葉が写真と響き合って自分の内奥へとそっと忍び込む。ライターのエッセンスを見事に照らし出した巻末の大竹昭子さんのエッセイも必読。ふと気になって書棚を見てみれば未読だが『須賀敦子のローマ』も『須賀敦子のヴェネティア』もあった。偶然の重なり。

  • 新月 さん

    展覧会で購入。ライターの写真はなんとなく惹かれるんだけど、どうして惹かれるのかを説明できない。実は計算された構図なんだろうけれど、まるでたまたま撮れたスナップ写真みたいに見えるし。ちょっと昔のニューヨークの写真で、旅情を誘われるから好きなんだろうか? これが東京の写真だったら、ここまで惹かれないのかな? 大自然とか野生動物とかみたいに明らかに苦労しないと撮れない写真じゃない分、どう評価したらいいか迷う。

  • きょ さん

    前回同様、展覧会で見た記憶が鮮やかなうちに写真によって切り取られた世界の面白さや色合いの鮮やかさを堪能しつつ読了。おそらくまだ整理中だろうから、次の機会があると信じて今から楽しみにしています。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品