ストラヴィンスキー(1882-1971)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

春の祭典、葬送の歌、幻想的スケルツォ、花火、他 リッカルド・シャイー&ルツェルン祝祭管弦楽団

ストラヴィンスキー(1882-1971)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4832562
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


世界最強ヴィルトゥオーソ・オーケストラによる『ハルサイ』!

現代の楽壇を代表する巨匠リッカルド・シャイーと、世界の名だたる名手達が集うヴィルトゥオーゾ・オーケストラ、ルツェルン祝祭管弦楽団による同コンビのファースト・アルバムがデッカから登場!
 2016年に同管弦楽団の音楽監督に就任したシャイーは、凄腕揃いの音楽家たちと空前絶後の名演を披露し聴衆の熱い注目を浴びています。そんな彼らの第1弾アルバムは、20世紀の管弦楽曲のなかでも突出した難しさを誇るバレエ曲『春の祭典』を中心としたストラヴィンスキー・アルバムです。卓越したオーケストラの技術とシャイーのエネルギッシュな音楽が生み出す、これまでにない野性味溢れる『ハルサイ』が堪能できます。
 そしてこのアルバムのもう一つのポイントは、2015年にサンクト・ペテルブルク音楽院で約1世紀ぶりに発見された、ストラヴィンスキー幻の作品『葬送の歌』が世界初録音されている点です。この作品は、ストラヴィンスキーの師ニコライ・リムスキー=コルサコフの追悼曲として、26歳の時に作曲されました。この他、『花火』『幻想的スケルツォ』などの初期作品をカップリングに配置した興味深いアルバムに仕上がっています。(輸入元情報)

【収録情報】
ストラヴィンスキー:
1.葬送の歌 op.5
2.花火 op.4
3.幻想的スケルツォ op.3
4.組曲『牧神と羊飼いの娘』 op.2
5.バレエ音楽『春の祭典』


 ソフィー・コッホ(メゾ・ソプラノ:4)
 ルツェルン祝祭管弦楽団
 リッカルド・シャイー(指揮)

 録音時期:2017年8月19日
 録音場所:スイス、ルツェルン・カルチャー・コングレスセンター
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)
 世界初録音(1)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
「葬送の歌」の録音がついに出ました!曲自...

投稿日:2018/03/11 (日)

「葬送の歌」の録音がついに出ました!曲自体はそれほど強い印象を与えるものとは感じませんでしたが、後の「火の鳥」を予感させる濃厚なオーケストレーションを堪能できる作品です。決して録音が多いとはいえない、これまた初期作の歌曲「牧神と羊飼いの娘」も収録されており、ストラヴィンスキー初期作をまとまった形で聴くことができる点で有意義なアルバムでもあります。後半の「春の祭典」もやはり好演。クリーヴランド管との録音から実に30年近く経ちますが、シャイーならではの、どこか余裕の感じられるスッキリとした演奏は健在です。今後も大切に聴いていきたい1枚です。

ブルノのおっさん さん | 北海道 | 不明

3

ストラヴィンスキー(1882-1971)に関連するトピックス

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト