LPレコード 輸入盤

ペトルーシュカ&春の祭典 ピエール・ブーレーズ (2枚組/180グラム重量盤レコード/Deutsche Grammophon)

ストラヴィンスキー(1882-1971)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4839957
組み枚数
:
2
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
LPレコード
その他
:
輸入盤

商品説明

ストラヴィンスキー没後50周年記念
《ピエール・ブーレーズ〜ストラヴィンスキー:ペトルーシュカ&春の祭典》
ストラヴィンスキーの没後50周年を記念して、ピエール・ブーレーズがクリーヴランド管と遺した『ペトルーシュカ』と『春の祭典』を初LP化。

《LP 1》バレエ『ペトルーシュカ』
[Side A]
1) 第1部:謝肉祭の市
2) 第2部:ペトルーシュカの部屋
[Side B]
1) 第3部:ムーア人の部屋
4) 第4部:謝肉祭の市(夕景)

《LP 2》バレエ『春の祭典』
[Side A]第1部:大地の礼賛
[Side B]第2部:生贄の儀式

【演奏】ピエール・ブーレーズ(指揮)クリーヴランド管弦楽団
【録音】1991年3月、クリーヴランド

(メーカーインフォメーションより)

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
12
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
みなさんのおっしゃるように、これは、すご...

投稿日:2020/11/13 (金)

みなさんのおっしゃるように、これは、すごくすばらしい演奏です。

フランツ さん | 宮崎県 | 不明

0
★
★
★
★
★
始めて聴いたハルサイが69年のブーレーズ/...

投稿日:2014/02/09 (日)

始めて聴いたハルサイが69年のブーレーズ/クリーブランド管。その後様々な演奏を聴いているうちにすっかり忘れていましたが、91年のこの組み合わせを聴いて「ただいま」という感触にホッとしました。これ見よがしな演出はありませんが、第一級品だと確信しました。

いなまる さん | 埼玉県 | 不明

0
★
★
★
★
★
すっかり御大となった、ブーレーズ、代名詞...

投稿日:2012/09/09 (日)

すっかり御大となった、ブーレーズ、代名詞ストラヴィンスキーの’91年再録盤。評論家、音楽家の世評は高く名盤とされている。確かに、交通整理は見事、ここにちゃんと計算された混沌の音が入っているのですよと、説明してくれるだけでなく、クリーヴランドのふくよか、機能的な技量とともに、この曲に必要な興奮も、わずかですが、聴き取る事が出来ます。流石、見事としか言いようがないが、原始的な荒々しさは、ゲルギエフ、力技は、ムーティに譲る。もっと、楽々と、シャキシャキ、すっきりした演奏には、サロネン。でも、この酸いも甘いも噛みしめた安定感と、堂々たる演奏には、叶わない。

sunny さん | 兵庫県 | 不明

1

ストラヴィンスキー(1882-1971)に関連するトピックス

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品