ストラヴィンスキー(1882-1971)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

ストラヴィンスキー:『火の鳥』全曲、グラズノフ:『ライモンダ』より、他 ロト&レ・シエクル

ストラヴィンスキー(1882-1971)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
ASM06
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


仰天! ノン・ヴィブラートの『火の鳥』
時代楽器によるグラズノフとストラヴィンスキー登場


近年、時代楽器による演奏がどんどん近世に及んでいますが、ついにストラヴィンスキーを含むディアギレフのバレエ・リュスにまで達しました。驚きなのが『火の鳥』全曲盤。この作品が百年前の1910年6月、ピエルネの指揮によりパリ・オペラ座で初演された際の響きを再現しています。ピッチこそさほど違和感はありませんが、弦楽器はガット弦、金管は細管、木管やハープはいずれもフランス製で、パリ音楽院直伝の奏法を遵守しているため、聴感上の印象はかなり違います。ヴィブラートも少なめで、パステル画のような色彩がいかにもフランス風。4管の大編成ながらすっきりしていて、金管の響きが独特。原色的で厚い音というストラヴィンスキーのイメージが一新され新鮮の極み。グラズノフのサウンドも向いていて、作品の爽やかさに痺れさせられます。
 指揮のフランソワ=グザヴィエ・ロトは1971年生まれ。2011年9月にバーデン=バーデン&フライブルクSWR交響楽団の首席指揮者デビューを果たし、来年2月にはSWR響との日本公演が予定されています。パリ音楽院でアラン・マリオンとヤーノシュ・フュルストに師事、2000年にロンドンのドナテッラ・フリック指揮コンクールで優勝、ガーディナーの助手を務めた後、2003年にはパリ音楽院指揮科教授に就任。2003年に古楽器オーケストラ「レ・シエクル」を結成、抜群の統率力ときびきびした音楽運びが魅力の、最も期待される俊英のひとりです。(キングインターナショナル)

【収録情報】
・グラズノフ:バレエ音楽『ライモンダ』第2幕より『サラセン人の入場』/『東洋の踊り』
・グラズノフ:バレエ音楽『四季』より『秋のバッカナール』
・シンディング/チャーリー・パイパー編:東洋舞曲 Op.32-5
・アレンスキー:バレエ音楽『エジプトの夜』より『エジプト女の踊り』/『蛇のシャルムーズ』/『ガジーの踊り』
・グリーグ/ブルーノ・マントヴァーニ編:小妖精 Op.71-3(抒情小曲集より)
・ストラヴィンスキー:バレエ音楽『火の鳥』全曲 (1910)

 レ・シエクル
 フランソワ=グザヴィエ・ロト(指揮)

 録音時期:2010年10月2日、10月9日
 録音場所:パリ、シテ・ド・ラ・ミュジーク(2日)、ラン大聖堂(9日)
 録音方式:デジタル(ライヴ)

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
4
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
これまたすごい演奏に出会ってしまいました...

投稿日:2019/07/28 (日)

これまたすごい演奏に出会ってしまいました。ライブで指揮台を踏み鳴らす様子からも大変な熱気が伝わってくるのですから、せっかくなら拍手まで収めて欲しかったです。それからガット弦を使用しているそうで、最後まで気付きませんでした。これと同時に春の祭典を注文していますので、到着がより楽しみになりました。

せごびあ さん | 愛知県 | 不明

0
★
★
★
★
★
1910年(明治44年)当時のフランス・オーケス...

投稿日:2019/03/09 (土)

1910年(明治44年)当時のフランス・オーケストラのソノリテイを求めた探検の成果だ ストラヴィンスキーは時間を戻るための乗り物に過ぎない もっと分厚い音響のカオスに包まれたい人には触れず触らずやり過ごされている演奏である 人は慣れたものを愛し 愛するためには美しいと認識しないまでも 居心地の良い場所・もの・人と感じる 聴き慣れた愛聴曲を百年前の一国の一つの音響環境で再現されても 違和感が先に立ってしまうのだろう ロトの目的も”火の鳥”の初演再現に主眼はない それはフランス20世紀初頭のオーケストラが奏でる”音の風景”を描き見ようとするものだ だから 同じ時代の五人の小品が併録されている ここからもこのピリオド・オーケストラの魅力が横溢する それをわたしは美しいと感じる 何故なのだろう 答えは意外と簡単だ それは音楽に何を求めているかということだ 音楽は常に生まれる 音楽はいつも新しい 聴くことは発見であり驚きであり想像を膨らませ さらには創造力を刺激してくれるもの とわたしは期待している だからこれは素晴らしくエキサイティングな一枚なのだ あなたは如何

風信子 さん | 茨城県 | 不明

1
★
★
★
★
★
HMVさんのこの盤へのセールストークは「ノ...

投稿日:2018/05/29 (火)

HMVさんのこの盤へのセールストークは「ノンヴィブラートの火の鳥」なんだそうです。それはそうなんだけど、それにあわせて二つほど触れたい。いや、ロトとレ・シエクルのこの演奏が面白いってことは他の曲でもう書いたので、あんまり繰り返さないが、ちょっと疑問なのは(ロトに対してではないです、世評に対して)、初演当時の奏法(と楽器)だからいいの?、ということ。じゃモントゥーはどうなんだ(厳密には彼は「春祭」の初演者でこっちはピエルネだけど)、それ以上に作曲者の自作自演はどうなんだ、吹き込みはモダン・オケでしょ?昔通りは出来ないから止むなく、だったのかなぁ、という疑問です(答えはそうじゃないでしょ、ではあるけど)。もう一つはホルンの音色(あの終曲の導入部です)。その昔モントゥとパリ音楽院の組曲で刷り込みが出来てしまって、このホルンがあまり音色でたっぷり甘いヴィブラートをかけていた。それでかけないホルンではどうも物足らない私が出来てしまった。それがこれまた昔だけどクリュイタンスが同じオケを連れてきてやった日本公演の同じ曲。同じ音色とヴィブラートが聞けた時は本当に嬉しかった。けど、何でもそれは1930年頃から60年年代迄のフランスでの流行で、パリ管が出来た時になくなってしまったんだそうな。だから初演当時はやはりなかったんでしょう。このレ・シエクルの演奏ではもちろんヴィブラードはない。だけど、音色はあれなんですよ、半世紀前のあれ。楽器に詳しくないから分らないけど、多分奏法とは別に楽器そのものは似ていたんじゃないかなぁ。それが聞けて嬉しかった。因にこの演奏では(この版のオーケストレーションでは、でもあるけど)やたら細部の装飾的な彩りが聞こえる。モダニズムというよりもうちょっと前のアール・ヌーヴォー風というか。実はバレェ・リュスの「火の鳥」の初演時のレオン・バクストのデザインした舞台装置や衣装なんかもこんな感じだった。まぁ、意識したかどうかは知りませんが、やっぱり面白かった。

mari夫 さん | 東京都 | 不明

1

ストラヴィンスキー(1882-1971)に関連するトピックス

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品