ストラヴィンスキー(1882-1971)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

『ペトルーシュカ』、『火の鳥』組曲 クラウス・テンシュテット&ロンドン・フィル

ストラヴィンスキー(1882-1971)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
LPO0105
組み枚数
:
1
レーベル
:
Lpo
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


初登場!
テンシュテットのストラヴィンスキー


「今夜のテンシュテットのコンサート、これを超えるものはこれから先も現れないだろう」
〜Gramophone誌 コンサート評〜

テンシュテットのレパートリーの中では「非常に珍しい」ストラヴィンスキーの2曲のバレエ音楽のライヴ音源が初登場!
 1983年から1987年までロンドン・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者を務めたテンシュテットは主としてドイツ・オーストリア系の作品を得意としており、とりわけ一連のマーラー作品の演奏で高く評価されていました。バレエ音楽を指揮することはほとんどなく、ストラヴィンスキーのこれらの曲では正規盤はありません。
 テンシュテット晩年の演奏であるこの1992年のコンサートは、前述の批評の通り、驚くばかりの盛り上がりを見せ、民話を題材とした神秘的な『火の鳥』、グロテスクな味わいの『ペトルーシュカ』、どちらも満場の聴衆を興奮の渦に巻き込みました。
 このライヴ録音では、静かに不気味に終結する『ペトルーシュカ』では拍手はカットされていますが、『火の鳥』では聴衆の心のこもった拍手が収録されており、演奏会場の雰囲気も含めたテンシュテットの熱演を聴くことができます。(輸入元情報)

【収録情報】
ストラヴィンスキー:
1. バレエ音楽『ペトルーシュカ』(1947年版)

 第1部:謝肉祭の市
 第2部:ペトルーシュカの部屋
 第3部:ムーア人の部屋
 第4部:謝肉祭の市(夕景)

. バレエ音楽『火の鳥』組曲(1919年版)
 序奏
 火の鳥の踊り
 火の鳥のヴァリアシオン
 王女たちのロンド(ホロヴォード)
 魔王カスチェイの凶悪な踊り
 子守歌
 終曲

 ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
 クラウス・テンシュテット(指揮)

 録音時期:1992年5月5日(1)、1992年5月10日(2)
 録音場所:ロンドン、ロイヤル・フェスティヴァル・ホール
 録音方式:ステレオ(ライヴ)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

ストラヴィンスキー(1882-1971)に関連するトピックス

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト