ストラヴィンスキー(1882-1971)

人物・団体ページへ

SACD 輸入盤

『エディプス王』、『結婚』 ゲルギエフ&マリインスキー劇場、セミシクル、セメンチュク、他(2009 ステレオ)

ストラヴィンスキー(1882-1971)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
MAR0510
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Russia
フォーマット
:
SACD
その他
:
ハイブリッド,輸入盤

商品説明

名優ドパルデューとの夢の競演。
合唱も凄い、打楽器も凄い、ゲルギエフはもっと凄い。
ストラヴィンスキーの生命力が激しく伝わってくる快演。


SACDハイブリッド盤。ストラヴィンスキー作品に特別な情熱を注ぐゲルギエフならではのエネルギーに満ちた新譜は歌劇『エディプス王』とバレエ音楽『結婚』。
 『エディプス王』は新古典主義的作風時代の1927年の作で、ソフォクレスの原作に基づくジャン・コクトーの台本、声楽はラテン語、語り手はフランス語により、父殺し、実の母と通じたエディプス王の悲劇が描かれます。物凄い迫力の合唱に圧倒されますが、悲劇とはいえ、人を小馬鹿にしたようなストラヴィンスキー一流の音楽にも事欠かず、楽しめます。語り手をフランスの名優ジェラール・ドパルデューが迫真の演技で務めているのも豪華の極みです。
 4台のピアノが凄まじい打楽器的効果を生み出す『結婚』も聴きもの。オーディオ効果も満点の曲ですが、ゲルギエフならではの計算されつくした絶妙なバランスで原始的な音世界を作り上げています。今日ゲルギエフほどストラヴィンスキーの生命力を表せる指揮者はなく、まさに生の歓びを実感させてくれます。(キングインターナショナル)

【収録情報】
ストラヴィンスキー:
・オペラ=オラトリオ『エディプス王』
 エディプス王:セルゲイ・セミシクル(テノール)
 妻イオカステ:エカテリーナ・セメンチュク(メゾ・ソプラノ)
 クレオン、使者:エフゲニー・ニキーチン(バス・バリトン)
 ティレシアス:ミハーリ・ペトレンコ(バス)
 羊飼い:アレクサンドル・ティムチェンコ(テノール)
 ジェラール・ドパルデュー(語り手)

・バレエ音楽『結婚』
 ムラーダ・フドレイ(ソプラノ
 オルガ・サヴォワ(メゾ・ソプラノ)
 アレクサンドル・ティムチェンコ(テノール)
 アンドレイ・セロフ(バス)
 アレクサンドル・モギレフスキー、スヴェトラーナ・スモリナ、
 ユリア・ザイチキナ、マクシム・モギレフスキー(ピアノ)

 マリインスキー劇場管弦楽団&合唱団
 ワレリー・ゲルギエフ(指揮)

 録音時期:2009年12月28-31日&2010年2月4-8日(エディプス王)、2009年12月28-31日(結婚)
 録音場所:マリインスキー劇場コンサート・ホール
 録音方式:DSDレコーディング(セッション)
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD 5.0 SURROUND

収録曲   

  • 01. Les Noces I (The Wedding), Ballet in 4 Tableaux for Vocal Soloists, Chorus & Orchestra: Part 1. Scene 1: The Bride's Chamber
  • 02. Les Noces I (The Wedding), Ballet in 4 Tableaux for Vocal Soloists, Chorus & Orchestra: Part 1. Scene 2: At the Bridegroom's
  • 03. Les Noces I (The Wedding), Ballet in 4 Tableaux for Vocal Soloists, Chorus & Orchestra: Part 1. Scene 3: The Bride's Departure
  • 04. Les Noces I (The Wedding), Ballet in 4 Tableaux for Vocal Soloists, Chorus & Orchestra: Part 2. Scene 4: The Wedding Feast
  • 05. Oedipus Rex, Opera-Oratorio in 2 Acts: Prologue and Act 1. Spectateurs, Vous Allez Entrendre Une Version Latine D'oedipe-Roi
  • 06. Oedipus Rex, Opera-Oratorio in 2 Acts: Prologue and Act 1. Voici Cron, Beau-Frre D'oedipe
  • 07. Oedipus Rex, Opera-Oratorio in 2 Acts: Prologue and Act 1. Oedipe Interroge la Fontaine de Vrit
  • 08. Oedipus Rex, Opera-Oratorio in 2 Acts: Act 2. La Dispute Des Princes Attire Jocaste
  • 09. Oedipus Rex, Opera-Oratorio in 2 Acts: Act 2. Le Tmoin Du Meurtre Sort de L'ombre
  • 10. Oedipus Rex, Opera-Oratorio in 2 Acts: Act 2. Et Maintenant, Vous Allez Entendre

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
ロンドンで、自主レーベルのビジネスを学ん...

投稿日:2012/09/24 (月)

ロンドンで、自主レーベルのビジネスを学んだゲルギエフ、次々と、マリンスキーから、ロシアもの、ロシア人としての誇りに、心理、バーバリアン、デカダンなところまで踏み込んで、次々と聴かせてくれます、マリンスキーにしか出来ない劇場作品など貴重で独特。逆に西側の血を入れてまで、しっかり聴かせてくれます。ドラマチックな演奏にかけては、定評のあるゲルギエフ、ここでもサーヴィス精神豊かに、革新とロシアの伝統、併せ持った、優秀な逸品となっています。ライヴか、と、思ったら、セッションだった。この辺の、選び方も、実に巧い。

sunny さん | 兵庫県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
バレエ・カンタータ『結婚』の演奏ではテン...

投稿日:2011/08/25 (木)

バレエ・カンタータ『結婚』の演奏ではテンポが早過ぎて実際に踊るのは難しそうだ。ただ音楽を聴いているだけでは全体がとても引き締まっている。 『結婚』は歌の中にセリフのような部分があるが、そのあたりの歌わせ方が歌劇場指揮者としてのゲルギエフらしさが出ているし、歌手たちも芝居らしさを出している。 『エディプス王』の演奏にただよう張り詰めた緊張感もいい。 解説書が丁寧に書かれている。

ユローヂィヴィ さん | 大阪府 | 不明

1

ストラヴィンスキー(1882-1971)に関連するトピックス

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品