ステファニー・ロス・シソン

人物・団体ページへ

星のこども カール・セーガン博士と宇宙のふしぎ 絵本地球ライブラリー

ステファニー・ロス・シソン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784338282048
ISBN 10 : 4338282045
フォーマット
出版社
発行年月
2014年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
34p;23X29

内容詳細

地球と、すべての生き物は、星のかけらでつくられているのです。―わたしたちは、「星のこども」なのです。宇宙飛行士・山崎直子さん初の翻訳絵本。

【著者紹介】
ステファニー・ロス・シソン : イラストレーターになり、60冊をこえる絵本やこどもの本の挿絵を手がけている。「星のこども―カール・セーガン博士と宇宙のふしぎ」が、はじめてのオリジナル絵本である

山崎直子 : 1970年生まれ。東京大学工学部航空学科卒業。同大学院航空宇宙工学専攻修士課程を修了後、宇宙開発事業団(現JAXA)に勤務。99年2月に国際宇宙ステーション(ISS)に滞在する宇宙飛行士候補に選ばれる。2008年11月11日、スペースシャトル(STS‐131/19Aミッション)への搭乗が発表される。10年4月5日から15日間、宇宙へ飛行。これは日本人女性では2人目の快挙である。現在、内閣府宇宙政策委員会委員、立命館大学、女子美術大学客員教授などを務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 陽@ リュウグウからの贈り物💖 さん

    カールセーガン博士の宇宙絵本。宇宙飛行士の山崎直子さんが翻訳。天の川銀河のキラキラした絵が大好き。銀河系の太陽系の地球の街にカール少年はいました。好奇心いっぱい。星の本を読み、空を眺め宇宙に想いを馳せる。沢山勉強をして博士になり科学者達と惑星探査を。地球と全ての生き物、私たちの身体は遥か彼方の赤い星で作られた「星のかけら」でできていること。私たちは、宇宙の子。星のかけらで出来ている。宇宙の好きな私たちに巡ってきた星のかけら。幸せなかけら。また来ますように。もうすぐ満月の月を眺めて祈りながら。おやすみ。

  • ごへいもち さん

    不思議だなぁと思ったこともあったのに…

  • 陽@ リュウグウからの贈り物💖 さん

    私たちの身体は、星のかけらで出来ている。今は星のかけらとなって遠い宇宙へ。またかけらが集まって二人の元へ帰ってきますように。

  • 魚京童! さん

    山崎さん訳だよ!面白くなかったけど。

  • 雨巫女。 さん

    《書店》子供のころの、夢をかなえる人は、すごいなあ。カール博士のこと、知りませんでした。宇宙飛行士山崎直子さんの訳。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ステファニー・ロス・シソン

イラストレーターになり、60冊をこえる絵本やこどもの本の挿絵を手がけている。「星のこども―カール・セーガン博士と宇宙のふしぎ」が、はじめてのオリジナル絵本である

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品