スティーヴン・ミルハウザー

人物・団体ページへ

ホーム・ラン

スティーヴン・ミルハウザー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784560097793
ISBN 10 : 4560097798
フォーマット
出版社
発行年月
2020年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
206p;20

内容詳細

魔法の鏡磨きが男と恋人の心にもたらす光と影を描く「ミラクル・ポリッシュ」。町に謎の自殺願望が流行した半年を記録する「私たちの町で生じた最近の混乱に関する報告」。一本の決定的本塁打がたどる驚異の軌跡を描く表題作など、多彩な奇想、緻密な筆で壮大かつ深遠な宇宙を描く8篇。著者自身による短篇小説論も収録(日本版のみ)。

【著者紹介】
スティーヴン・ミルハウザー : 1943年、ニューヨーク生まれ。アメリカの作家。1972年『エドウィン・マルハウス』でデビュー。『マーティン・ドレスラーの夢』で1996年ピュリツァー賞を受賞。『私たち異者は』で2012年、優れた短篇集に与えられるThe Story Prizeを受賞。邦訳に『ナイフ投げ師』(1998年、表題作でO・ヘンリー賞を受賞)などがある

柴田元幸 : 翻訳家。アメリカ文学研究者。著書に、『生半可な學者』(白水Uブックス、講談社エッセイ賞受賞)、『アメリカン・ナルシス』(東京大学出版会、サントリー学芸賞受賞)などがある。文芸誌『MONKEY』(スイッチ・パブリッシング)責任編集(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ヘラジカ さん

    『私たち異者は』に続く短篇集。日常を歪ませる些細な亀裂に対する予感や気配を、まるで白昼夢かのように朧げだが、同時に不気味なほど精緻に描いている。ひび割れから覘く深遠な世界、またはカタストロフを垣間見るような作品たち。神秘的で不穏、胸をざわめかせる。前作品集よりも一層合う合わないが分かれるかもしれないが、柴田氏もあとがきで名前を挙げていたボルヘスが好きな人には堪らないだろう。まさしく短篇小説の"大きさ"が堪能できる一冊だった。変わり種の表題作と「アルカディア」がとても好き。ブッダの話はやや長すぎかな。

  • あんづ さん

    短篇8 + エッセイ1。 ストーリーはなんだかよく分からないけど、美しいです。「若きガウタマの快楽と苦悩」が特に好きです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

スティーヴン・ミルハウザーに関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品