スティーヴン・ミルハウザー

人物・団体ページへ

エドウィン・マルハウス 河出文庫

スティーヴン・ミルハウザー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309464305
ISBN 10 : 4309464300
フォーマット
出版社
発行年月
2016年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
532p;15

内容詳細

天才作家エドウィン・マルハウスは、傑作『まんが』を遺して11歳で夭折した。誕生から彼を見つめつづけた親友ジェフリーは、その評伝を残して姿を消す。捨てられた遊園地、マンガ、アニメ映画、ローズへの恋…。ダークで濃密なコドモの世界を、幾重もの仕掛けとともに描いた傑作長篇。

【著者紹介】
スティーヴン・ミルハウザー : 1943年ニューヨーク生まれ。現代アメリカを代表する物語作家。1972年本書でデビュー。『マーティン・ドレスラーの夢』(96)でピュリツァー賞受賞

岸本佐知子 : 1960年生まれ。上智大学文学部英文学科卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • chiru さん

    『キャッチャーインザライ』の作中に『ノックアウトされる小説』という一節がある。 アナロジックな構造のこの本がまさにそうでした。『対象と観察者』という共犯関係と伴走する11才の3冊の本。 ⓵ジェフリーがエドの伝記を執筆。 ⓶エドが自伝を執筆。 ⓷同級生が本書を執筆。『子供はみんな天才である』という言葉が、傍観者が主役の座を奪う“一瞬”に圧倒的な意味を与える。 無自覚と無垢と純粋。それを予期せぬ形で容赦なく描く、捉え難い魅力をそなえた凄い本。 この本を読んだ人と話がしたくなりました。 ★5

  • かのこ さん

    読友さんのレビューから。11歳で夭折した天才作家・エドウィン・マルハウス。彼の生涯を一番近くで見つめた親友・ジェフリー・カートライトによる伝記、という体裁の物語。11歳の天才作家、彼の生涯の年譜、語られる記憶、読めば読むほど生まれる違和感に、作品世界に強烈に引き込まれる。 独特のイメージ過多の文章は実に読みにくいけど、終盤は周囲の音が消え去るほど集中して読んだ。 緊迫感溢れる終章、弛緩するエピローグ、何が真実で、どれが虚構なのか…作品の仕掛けを満遍なく読み解けた自信がない…。既読の方と語り合いたい!

  • はまだ さん

    あと20ページを残して最寄駅に電車が止まったとき、駅から出て自宅に歩いて行くよりも、(たとえ今日のように寒すぎる夜であっても)ホームの、できるだけ風の吹かないところまで行き、最後まで読みきったことありますよね? これもその種の本です。饒舌すぎる伝記作家は、おそらく伝記作家にふさわしくないのだろう。芳醇すぎる語彙が、さいご、じつにこわい。物語が内部からはみ出ようとしているのか。プロットのとりこになったのだろうか。とんでもない小説。最後の場面は、特に注意深く読みたい。すごかった。★5

  • キクチカ いいわけなんぞ、ござんせん さん

    11歳で死んだ少年の伝記。書いたのはその少年の同い年の親友。という筋書きの小説。つぶさに観察して内面を推し量るそのリアルさは、伝記というより観察日記。幼児期、少年期、そして思春期を迎えようとしているところで終わるけど、キラキラした清らかな子供日記を想像してはいけない。グロテスクなほど黒い片思い。不良っぽい少年への献身的な友情。どれをとっても自分にも身に覚えがある事ばかりでリアルさに寒ざむ。世界が広がっていくにつれて小さくなっていく自分。そして残酷なラストである。読み終わったら子供時代を思い出ししんとなった

  • 絹恵 さん

    幼くして生まれた自尊心に芽吹いた虚栄心が肥大して、それを言葉にせずにはいられなくなったのだと思います。夭折の天才作家の伝記を読み進めていくうちに、伝記作家の存在を色濃く感じて、その粒子を吸い込んで息苦しかったです。彼の存在を操って、都合の良いように仕立てる様子は、飽きない玩具で遊ぶようで、気持ち悪さと虚しさが綯い交ぜになって、幼き日の苦みが込み上げてきました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品