スティーヴン・キング

人物・団体ページへ

心霊電流 下 文春文庫

スティーヴン・キング

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784167918224
ISBN 10 : 4167918226
フォーマット
出版社
発行年月
2022年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
299p;16

内容詳細

ミュージシャンとなった僕は、元牧師の“電気治療”のおかげでヘロイン中毒を克服していた。だが後に、彼の治療を受けた一部の人々が後遺症に苦しんでいる実態を知る。僕は「ヒーリングをやめるべきだ」と進言するが、彼は“神秘なる電気”に執着して…。ジワジワと襲う恐怖、ホラーの帝王、面目躍如の巨編!

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 眠る山猫屋 さん

    再会した牧師の変貌。何かがおかしい。ジェイミーの周囲に不穏な空気が漂い始める。3パーセントの悲劇。チャールズ元牧師の行う奇蹟の治癒の副作用は3%だが、運命のしがらみに縛られたジェイミーは、変わり果てたジェイコブの最後の試みに付き合ってしまう。可愛い姪が何かを察してしまう、あるいは若い恋人であり協力者だったブリーも距離をとり始める中、自身はチャールズの重力に抗えない。雷と雷鳴の場所で、かつての恋人アストリッドを絡め取られ異界への扉が開かれた。キングに期待する物語の重力は、この作品ではやや弱いものだが、

  • Porco さん

    結局キングユニバースというか『ダーク・タワー』や他作品に連なる怪異の話だった。ある意味では神話体型を組み立てたラヴクラフトにメアリー・シェリーの『フランケンシュタイン』を混ぜ込んだ、キングから先達へのリスペクト作として書いたとれなくはない。TRPGを進めていくうちにじわじわと物語の面白さに、ちょっと付けたされたエッセンスくらいになる程度にはホラー要素は少なく、煽り文の「正統派ホラー」という一言が正直なところ「良作だけどキング作品としては凡作」という感想の原因になってる気がしなくもない。

  • のじ さん

    牧師どのがどんどんうさん臭くなってくるけど、何を企んでいるのかがわからず、先が気になった。最後の方はクトゥルフ的な世界が出てきて、ちょっとついて行きにくいかなー、ってなった。上巻で、ホラー?って思ったけど、急にホラーにシフトした感が。パンの大神は昔読んだ気がするけど覚えていないなぁ。

  • ねむりウサギ さん

    じわじわと怖さが来る話。電流に魅せられたダニー牧師。死のその先。最終章に事の顛末が淡々と語られる感じがじわじわと怖さというか、余韻を残す。しかし本当にストーリーテラーだなあ。

  • hoiminsakura さん

    不穏な空気は現実を突き動かして結末の恐怖へとストーリーを導く。聖職者を狂気へと誘う原因となる出来事がいかにもキングらしい。どんなに恐ろしいストーリーでも、キングが書いている以上は愛に満ちているのだ。岡崎武志氏による解説の最後の一行「私は、こういう優しいキングがすきだ。」は、キングファンなら誰しもが思っていることだろう。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

スティーヴン・キング

1947年、アメリカ、メイン州生まれ。高校教師を経て、1974年『キャリー』で作家デビュー。代表作に『シャイニング』『ザ・スタンド』『IT』『11/22/63』などがある。初のミステリー作品である『ミスター・メルセデス』でエドガー賞最優秀長編賞を受賞

プロフィール詳細へ

スティーヴン・キングに関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品